ずっと変わらなかったのは料理がすきということでした。

                    9th

11月11日、本日、Ikue's Food Studio は9周年となりました。

26歳の時に教室を開店しました。
そこに至るまでの経歴は、19歳で料理の専門学校を卒業して、
フランス料理のオーナーシェフになることを夢みて、大阪のフランス料理店で
朝から深夜まで、必死に働きました。
そのお店のシェフの料理に向かう姿勢や、お客さまに対する気持ち、
そして何よりもその手からつくられる素晴らしい料理・・・
体力的には本当に厳しかったけれど、あの頃の若く世間知らずで生意気なわたしに、
親のような愛情をもって様々なことを一生懸命教えてくださったシェフに、
本当に感謝しています。
何年か働き、現場の厳しさを身をもって知りました。
将来的にフランス料理のオ―ナ―シェフになってそれを一生の仕事として続けていくことは
わたしには無理だと思いました。
挫折です。
3ヶ月ほど絶望したり悩んだり。
料理の道から離れることも考えたりしましたが、やっぱり、料理に携わる仕事がしたい・・・
料理の仕事で一生やってゆけるようなことは何か・・・
考えているときに、料理教室の求人情報に出会います。
一回やってみよう、という気持ちでアルバイトから始まった料理教室のインストラクター。
いつのまにか正社員になり、インストラクターだけでなく営業の仕事を経験させてもらったり、
マネージャーになって教室運営のことを学んだり。
何年か働かせてもらって、そして、独立。
今に至ります。


9周年を迎えるにあたり、
今年は、いろいろと考えることがあり、上記しましたように、社会人になってからの
自分の人生を振り返っていました。
料理で生計を立てて行くんだ、そう決心してから、いろいろと形は変わりましたが、
変わらずに料理が好きで、料理を仕事に出来ている。
このことが、本当に有り難く、幸せだと思います。
ここまで携わってくださった人々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

10年目に向かって動き出したIkue's Food Studio ですが、
来月12月21日で、一旦閉めさせていただくことになりました。
実は、結婚することになりました。
結婚しても、今の仕事は続けていきたいので、今までとスタイルは変わる部分も
ありますが、
また、新たな場所、新たな気持ちで、Ikue's Food Studio を育ててゆきたいと
思います。
2月に生駒市での再開を予定しています。
どんな自分になって行くのか、どんな料理を創って行くのか、どんな方々に出会えるのか、
これから先の道に希望を感じ、夢をもって、真面目な心で進んで行きたいと思います。


9年間で出会ってくださったたくさんの生徒のみなさまに、心からの感謝を。
育んでいただいた人たちに言葉では表せないほどの敬意を。



Ikue's Food Studio  和田 育枝
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2015-11-11 00:22 | ●お知らせ | Comments(0)


<< 2015年 12月のオリジナル... ありがとうございます。 >>