カテゴリ:●レシピ( 3 )

クルトンの作り方

a0106419_1365674.jpg

5月のメニューのブロッコリーのポタージュに浮かべている
クルトン。
パンを切ってオーブンで焼いただけの簡単なものなのですが、
ご質問が多かったので詳細をのせます。

バゲットやカンパーニュなどの、固いパンをお好みの大きさに切って
160℃のオーブンに予熱の段階から入れます。
予熱が完了したらさらに10分~乾燥焼きにします。
時間はパンの質によって違うので、カリッと完全に水分が抜けるまで
焼く感じです。
天然酵母のゴリゴリと組織が固いパンで作ると、スープに浮かべても
なかなか水分を吸わないので、カリッとおいしいと思いまーす。
ちなみに、今、教室で使っているパンは、西ノ宮アミ―ンズオーブンの
発芽小麦の天然酵母のパンです。

市販のものは揚げていたり少し味付けしているものが多いので、手作りが
おすすめですよ。
瓶に入れて湿気ないように保存して、スープにサラダに、使ってください。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-05-28 13:26 | ●レシピ | Comments(0)

秋映で煮りんご

a0106419_23263661.jpg

りんご情報ばっかりですが。。。
りんごをちいさい角切りにして煮ておくと、いろいろお菓子に使えるので
おいしそうなりんごがある時にやっておきます。
数日前、秋映(あきばえ)がすてきな色をして売っていたので
たくさん買って煮ておきました。
これがおいしいのでおすすめですよ。

固くて甘酸っぱい品種のりんごを皮ごとちいさい角切りにして、
りんごの重さの3割程度のグラニュー糖、はちみつ適量、レモン汁、
水を入れて煮ていきます。
水の量は、りんごに火が通って透明になるまでの間 水分を保てるくらいの
量で。
なんとも言えないような赤い透明のこの感じ、萌え~、です。

この煮りんごと、湯で戻してから白ワインに漬けておいたクランベリー&
サルタナレーズンを入れてケーキを焼きました。
生地に、サワークリームを入れて、そしてりんごのお酒も少し。
仕上げにはりんごのお酒とグラニュー糖を染み込ませて、
これでもかのりんご攻撃ケーキ。
一年ぶりに作ったケーキでしたが、kaoriさんにプレゼントしたら
喜んでもらえて嬉しかったです。
アレに合わせてもらえたら、もうかなり秋気分上々↑↑ なりんごセットだなぁ~って
思って!
ジンジャーラボの新メニュー登場☆ すっごくおいしそう~(涎)



お菓子作りがたのしい 秋、ですね。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-10-23 23:32 | ●レシピ | Comments(0)

簡単なレシピ

a0106419_20212231.jpg

秋も深まり、コーヒーが一層おいしい、、、
先日 友人が奈良市『凡豆』 さんのコーヒー豆を大量プレゼントしてくれたので
毎日満喫中です。
コーヒー+ちいさい焼き菓子=happy♥
Kサンありがとうー



先日のBBQのメニューで、ご質問やリクエストいただいたレシピを簡単ですが
ご紹介しますね。

●ホットドッグ
サルサがちょっとポイントなのですが、
紫玉ねぎ・セロリ・パプリカをみじん切りして塩もみしてアク抜きしたものと、
フレッシュトマト・梨のちいさい角切りとケチャップ・オリーブ油・砂糖・酢・塩・こしょうで
甘酸っぱく 味付け。
カットして炙ったバターロールに有塩バターを塗って、
コールスローをたっぷりサンド、そして焼いたウインナーとサルサ、パセリで仕上げ!

●豚肩ロースの串焼きの『味噌ダレ』
豚+味噌はおいしいですね。
このタレは、昨年の『チョコチュジャン』 がベースになっています。
味噌 大さじ2、コチュジャン・砂糖・酢 各大さじ1
すりごま・ごま油 各小さじ1 
を混ぜ合わせる。
と、ここまでが昨年のもの。
今回は塗って焼くタレだったので、これをみりん・酒でのばして、少し甘めにハチミツも
入れました。
緑ピーマン・赤パプリカ、豚肩ロ―スを串刺しにして、焼くときに少し塩をふって
そして、焼きあがるちょっと前に味噌ダレを刷毛で塗りました。
焦げ目がグー。

●鳴門金時の冷製ポタージュ
玉ねぎ1個をバターでしっかりと炒め、まだらに皮を残して輪切りした鳴門金時1㌔
も炒める。
塩味もつけながら。
水1㍑・ローリエを加えてアクをとりながらおいしくなるまでゆっくりと煮る。
ミキサーで回し、冷まして、牛乳1㍑くらい、生クリーム150ccくらいを加え、
様子を見ながら水分調整を。
塩・こしょう・ハチミツで味付けの調整を。
あ、トッピングには 『パン工房のら』 さんのカンパーニュで作ったクルトンを
添えました。

●焼き野菜に合わせた 『ゴマ味噌マヨネーズ』
ゴマ大さじ2を炒ってすり鉢で擂り、卵黄1個を加える。
味噌大さじ3・酢大さじ2 を加えて滑らかに混ぜ、サラダ油100ccを少しずつ
加えて泡立て器で混ぜながら乳化させていく。(粒々感のあるマヨネーズ状態)
ゴマ油・みりん・砂糖・塩・こしょうで、味と濃度を調整。
大きく切ってオリーブ油で和えておいたズッキーニ・ナス、手で裂いたエリンギ、
厚切りの蓮根、ピーマン
を焼いて、このソースをさっと絡めてお出ししました。

●秋の果物のマチェドニア
白ワイン100ccを火にかけてアルコール分をしっかりと飛ばし、グラニュー糖大さじ3くらい
を加えて溶かす。
フルーツはカットしてレモン汁大さじ1くらいで和えておく。
白ワインが熱いうちに フルーツと和え、半日くらい冷やす。
フルーツは、なんでもOK。
この時は、柿・梨・いちぢく・バナナ・キウイ・ぶどう・みかん
で作りました。


30名分、大量なので、レシピはあって無いようなモノ・・・
~くらい という表現が多く分かりにくいですが、よかったら作ってみてくださいね。


おまけ
a0106419_20532399.jpg

トップのコーヒーと一緒のちいさな焼き菓子の写真のケーキは
Banana Cakeです。
レッスンでやっているのは大きいパウンド型で焼いているのですが、
半分の量で直径12cmの型で焼くとこうなります。
作り方は同じで、焼き時間が180℃で35分くらい と、少し短めにします。
ちょっとしたプレゼントなどに最適なかわいいミニサイズ、
よかったらアレンジしてみてくださいね。
わたしはこの一切れを、パクパクッと2クチでいってしまう・・・
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-10-16 22:42 | ●レシピ | Comments(4)