カテゴリ:●習う( 6 )

柿の葉ずし作り、そして蛍の光。(加筆しました)

a0106419_027094.jpg

先日も、奈良・吉野へ行ってましたが、またまた吉野へ。
今回は、いつもお世話になっている親友ayaちゃん(吉野っ子)のご実家へ
お邪魔させていただいて、おかあさんとおとうさんに 郷土の味である
柿の葉ずしの作り方を教えていただける! という夢のような企画。
山に葉っぱを採りに行くところから始まる、わくわくの一日のはじまり~!キャー♥



a0106419_051994.jpg

朝のうちに吉野のお家に到着。
お久しぶりデスのご挨拶をさせていただいたら、おとうさんと一緒に山にGo!!
超ロングな高枝切りバサミと こーんなにも趣のある籠を持って。

a0106419_054480.jpg

ayaちゃん、似合っとるよ。ほんとに似合っとる。。。うん。
おかあさんのお話によりますと、このあたりでは柿の葉よりも、朴の葉を
使ってお寿司を巻くことが多いそうです。
朴の葉を90枚ほど、柿の葉を20枚ほど採ってきました。
山歩き、きもち良かったな~
まるでC.W.ニコルのように、山のこと植物のこと、なんでも知っているおとうさんの
控えめでやさしい山解説に 興味津津。

a0106419_061196.jpg

さて、次は葉っぱをカットします。
朴の葉は柏餅の葉っぱ(=柏の葉!)ほどあって下が固いので、程よい長さに
調整します。

a0106419_065270.jpg

モグラ(わたし)嬉しそうにやってますよ~(笑)
この時点でもうお昼に。
時計も携帯も見ないでゆっくり夢中になれる贅沢。

a0106419_0104166.jpg

私たちが山に行ったり葉っぱを切ったりしている間に、おかあさんがご用意
してくださったお昼ごはん!
今年初の冷たいお素麺、、、おいしかったなぁ~
金時豆の甘く煮たのも、出汁の効いたおからも、すっごくおいしい。
ayaちゃんのおかあさんはいつもこうやって手作りのお料理でおもてなしして
くださるのです。感謝。

a0106419_011558.jpg

さて、柿の葉寿司再開!
カットした葉っぱを今度は丁寧に裏表拭いて行きます。
「葉脈に沿って拭かなあかんで」 と おとうさん。
もう、この時点で柿の葉寿司っぽい匂いが漂っています。

a0106419_012741.jpg

お次は寿司飯です。
10合ものお米をタイミングを見計らって炊き上げておられたおかあさん。
酢の加減や酢を入れるタイミングなど、各家庭にそれぞれのおいしいやり方が
あるみたいで、それをご近所同士、情報交換されているみたいです。
木でできた型に310gずつ詰めて、押して、まずは幕の内弁当のごはんの
ようにどんどん作っていきます。
それをカットして大きさを揃えて作ると、きれいに出来上がるのよ~と、おかあさん。

a0106419_013836.jpg

ご飯の上にサバをのせて、葉っぱでしっかりときつく巻いて、
それをどんどんおかあさんに渡していきます。
手際良くきっちりと詰め込まれていく柿の葉寿司。。。
この木の型、使い込まれた感じでかっこいいなぁ。
道具がすき、道具に弱い、 わたしです。
何段か重ねたら上から板を置いて重石をして、あとはゆっくりと待つのです。

a0106419_0135788.jpg

夕方になりました。山にお散歩!!
ayaちゃんの愛犬Dと一緒にGo!!!
木こりの人の車しか入らない道。。。
におい立つ緑、生きている土、流れゆく川。

a0106419_0143553.jpg

Dのしっぽがピーンってなっている(笑)
紐を外してもらって自由に川で水遊びしているD、幸せそうだなぁ。
コロも連れて来てあげたいよ~

a0106419_0151270.jpg

戻ってきたD。かわいい。

a0106419_0155437.jpg

6時の鐘をつく人。
わたしも2回つかせてもらい、緊張。エヘヘ。

a0106419_0162661.jpg

さて、散歩して鐘をついて戻ってきたら、なんとなんとおかあさん、いなり寿司たっぷりの
晩ごはんも用意してくださって(嬉泪)
てっきりわたしは、柿の葉寿司をいただくのだと思っていました。
でも、柿の葉寿司は一日ねかせるとおいしいから! ということのようで、
いなり寿司以外にも、『キャト肉サラダ』 というayaちゃん家の人気オリジナル?メニューや
エンドウマメと海老の冷製の炊き物、きゅうりとタコの胡麻酢和え、茄子の即席漬け、
などなど、またまた全て手作りのおいしいお料理!
野菜は、おとうさんが畑でつくられた物がほとんど。
おかあさん、今日一日ずーっと台所でおいしいものを作っておられた。
、、、いや、これは前日以前からの大仕事だったにちがいありません。
デザートのスイカまでしっかりといただいて、なんて幸せ。

a0106419_0171627.jpg

押してから何時間たったでしょうか。。。
柿の葉寿司、出来上がりました! 外に持って行ってパチリ。
緑色が濃いほうが柿の葉、白いマッドな感じの方が朴の葉。
味見にいただいてみると、なんとも朴の葉の良い香りがして(ちょっとジャスミンっぽいような)
サバの味もおいしい。
おかあさん、とてもきれいに詰めておられたので、カクっとエッジの効いた
美しい仕上がり。

a0106419_0174484.jpg

こぉ~んなすてきに詰めてもらって(いなり寿司も入っている)、
もっと持って帰り、もっと持って帰り、と、ススメてくれるご家族一同なのでした。

そして。。。今日の日はこれで終わりではなくて。。。。
蛍を見に連れて行って下さったのです!!! (>_<)ホタル、ハジメテデスゥー!
暗い杉林にポワポワと浮かぶ儚い光を静かにじっと見つめる時間。
今思い出すと、夢、みたいだった。
初めて見た蛍、すっかり心を奪われてしまったのでした。
ここで面白かったのがおかあさん!
「これで蛍を捕まえたらいいわよっ♥」
と、手作りの装置を用意してくださっていて。。。
菜種の枝の乾いたのを何本も束ねて、花束みたいになったもの。それを2セット。
それを両手に掲げて、
「こうやって飛んでるところに振り回すの! そうしたら蛍がひっかかるのー!」
わたしたちがこれで蛍を捕まえまくって喜んでいるのを想像して、この装置を
おとうさんに作らせた(失礼!)のかな、、、そう考えるとほほえましくて面白くて
笑いが止まらなかったです。
静かに息をひそめて蛍を見守っていたので、そのイケドリ装置の出番は来ず、
「ああ~アレ、使わなかったわねぇ~」
と、帰りの車の中で残念そうだったおかあさん。
何から何まで、イケドリ装置まで! 笑 本当にありがとうございました。



わたしは郷土料理にとても興味があって、柿の葉寿司作りも
ずっと憧れていたことでした。
奈良県民でありながら、奈良の郷土料理を実際に作る機会はほとんどありません。
だから、ayaちゃんのお家のように、代々受け継がれてきた道具を使って、家族
みんなでこうやって作業をして、そのことが日常に普通にある、というのが
ものすごくすてきなことだなぁと思います。
魚の獲れない土地で、いかに魚介をおいしく長く食べることができるか、
葉っぱの抗菌作用で常温でも日持ちして、そして山の香りをお寿司に移す
という発想。
先人たちが考え 受け継がれてきた食文化には学ぶことがたくさんあります。
食を辿ると その土地土地の歴史や文化が見えてくる。
そういう探求は自分にとって最もわくわくすることで、そういうことに
関わっていきたいなぁ、と、改めて感じた一日でした。


朝から夜までの超ロングステイ、
ayaちゃんご一家の心のこもったあたたかいおもてなしに心から感謝いたします。
楽しい一日を本当にありがとうございました。

柿の葉寿司、3日目・4日目もおいしかったデスっ!!いなり寿司も最高でしたー!!
キャト肉サラダも作りましたー!!!
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-20 00:23 | ●習う | Comments(0)

おいしくて、また、食べ過ぎる。

a0106419_2304376.jpg

a0106419_2311430.jpg

a0106419_2314166.jpg

a0106419_232679.jpg

a0106419_2324453.jpg

a0106419_2331424.jpg

a0106419_2334418.jpg

a0106419_2341586.jpg


モロッコ料理を教えていただきました!
先日、グリエした野菜とクスクスのサラダを食べさせてくれたkaoriさん
「モロッコ! すきです! わたしも教えて欲しいです!」
とお願いして、贅沢に横にずーっと張り付かせてもらっちゃいました。
鍋の蓋が最初ちょっと浮く?くらい大量の野菜と鶏肉にスパイスと塩をふりかけて、
蒸し煮。。。。
出てきたお汁のおいしいこと。
ヒヨコ豆のフムスは、ヘラでお皿に平らに盛りつけてオリーブ油をたらり。
わー、この盛り付けだけで、もう、モロッコの雰囲気~
これをオイル蒸しにしたズッキーニとブロッコリーに付けていただくのです。
蒸し野菜を盛りつけた器も異国情緒~
コリアンダーの葉っぱや、エジプト塩という初めて聞いた調味料を使ったタレも
いろいろ付けて食べたりして、アレコレ試したくて食べるのが忙しい。笑
クスクスにちょっと付けるアリサという辛味の調味料も、チューブの市販品しか
見たこと無かったですが、手づくりのモノ、すごくおいしかったー。
デザートのエキゾチックさといったら、これまたキャーっと嬉しくなってしまいます。
鳥の紙が、キャー♥
ミントティーとこの揚げ菓子、外国旅気分満点です。
さらにおいしいコーヒーとかわいい焼き菓子までいただいて、
食べ過ぎ以外の何物でもありません。
もう、これは毎回なのですが、kaoriさんのお料理は、食べ過ぎます!笑
スーッと入ってくる味、塩味の加減、食べる気分を盛り上げるシュチュエーション
こんなに揃っていたら、食べ過ぎますよ~
ほんとに、おいしかったです。
勉強になりました。

モロッコ料理、クスクスとクミンのイメージばかりが強かったですが、
野菜のよさがスパイスによって活かされていて、シンプルだけど味わい深い
ものがたくさんありますね。
これから夏野菜がおいしくなるので、茄子やズッキーニやトマトを使って、
家でもモロッコ料理作ってみたいなと思います。
あんな異国の味が再現出来たら超ハッピーですもの!
おいしいから誰かに食べさせたい!

今回もまた kaoriさんに感謝です。



a0106419_2344027.jpg

                  かわいいサシェも!

こちらは、HACO_TORORUさんのもの。
かっこいい三角錐の袋の中にはお庭でとれたハーブが入っているんですよ~
はー、かわいい。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-05-14 23:05 | ●習う | Comments(0)

味噌スイッチ、on!!

a0106419_228457.jpg

今年もまた、この季節がやって来ました。
寒くなったらお味噌を仕込む、、、すっかり恒例になったお味噌作りも
4年目のわたし、
教室でもお味噌の会を開催しますが、自分の分はやっぱり味噌師匠である
kaoriさんのところで作りたい。
(教室ではティーチングに全力徹します!)
というわけで、今年もみなさんでわいわいと楽しくお味噌を作り、
そしてとびっきり美味しいお昼ご飯、お腹いっぱいいただいて来まして、
おいしくって楽しくってホックホクになり、2013年の『味噌スイッチ』は
完全にon!! になりました。




a0106419_2215355.jpg

a0106419_2215595.jpg

a0106419_22163139.jpg

a0106419_22165725.jpg

a0106419_22172024.jpg

ごはん、、、
どれもこれも本当においしくて
、(内容、まだお味噌の会終わってないから詳しく言わないほうがいいですよね!?kaoriさん!)
実はここ数日少し体調がモヤっとすぐれなかったのですが、
季節の野菜いっぱい、滋味深く、からだに染み込んでくるやさしいおいしさに、
すっかり元気になって、帰りの車の中では スカーッ! と爽快な気分でした。
帰宅して、早速教えてもらった粕汁を土鍋いっぱいに作ったくらい元気!笑


a0106419_22175174.jpg

おにぎり+味噌、これがすっごくすっごくおいしくて~
5個、食べてしまうのでした。
kaoriさん、いっぱい用意しておいてくれてアリガトウゴザイマス。



お味噌作りは1年に1回しかしない作業なので、une table にて、
「そうそう、こうやって作るんだった」
と、思い出させていただき、そして、
「そうそう、こうやってみなさんをお迎えするんだった!」
と、おもてなしの気持ちの準備もさせていただいているのです。
生徒のみなさんとのお味噌の会では、だいどころ飛鳥さんのすてきな
お弁当を食べていただきますが、
今週末に友人たちにもお味噌伝授の日がありますので、
わたしも張り切って、気持ちを込めて、お料理を作りたいと思います。


それにしても、おいしい 幸せな食卓だったなぁ。
ありがとうございました。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-22 22:17 | ●習う | Comments(8)

いいことがたくさんあった日

a0106419_0571440.jpg

a0106419_059143.jpg

なづなさんで開催された月草sousowのゆいこ先生のイベント『Noelのしたく』
に参加させてもらって、もみの木モリモリのリースを作成!
サツマ杉というふわふわした杉や、ブルーアイス、ネズの実、バーゼリアなど
たくさんのクリスマスらしい花材が用意されているのを見るだけでも
わくわく~とテンションが上がるのでした。
ゆいこ先生のたたずまいが、まるで森の妖精のようで、、、
すてきな方でした~思い出してポワ~ン
何か質問する度にとびきりのやさしさで応えてくださるので、
初心者で出来の悪いわたしでも、なんだかすてき風(笑)に
できあがりました。
立体的に作る、というのが難しいなと思ったし、立体的に作ったらすてきだな
と思いました。(お隣の方がとっても上手に作られていて、学びました)
山でいろんな木の実とか木を採ってきて、また作ってみたいな と思います!
レッスンの後に出していただいたコーヒーとお菓子。
ここにもかわいい杉のコサージュが添えられていて(なづなさん作)
嬉しさもヒトシオ。
お菓子が盛られたステンレスのお皿、、、これ、いつか絶対に欲しいやつデス。
本当に、とても楽しい時間でした。

その後、ご一緒させてもらったYさんと行ったケーキ屋さんで食べたタルトタタンが
すごーく美味しくて、ああ幸せ。
そして、夜、ともだちが久しぶりに集まれたので夜お茶を。
夜お茶は、わたしにとって心の栄養剤なので、栄養補給、満タンです☆

あと、冬の企画、お味噌の会決定いたしました。
今年もまた、飛鳥さんのお弁当が、、、、!


いろんないいことがあった日。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-11-28 00:56 | ●習う | Comments(0)

couerさんのお料理教室

a0106419_0533456.jpg

夏にうかがったベーコン作りのレッスンに続き、今回は手打ちうどんを
教えていただきました。
手でこねる粉モノが大好きなので、すっごく楽しみで♪
今回もkaoriさんと、そしてお友達のチさん、そしてなんと! IFSにも来てくださっている
Mさんが偶然参加されていてびっくり!
駐車場でご対面した時は目がオオォ―ッと二人ともでっかくなっていました。笑

一人ずつ生地を捏ねて、寝かして、固いなと思ったら少し置いて、また捏ねて。
ゆっくり、のんびり、臨機応変に作っていく感じがして、
「うん、これなら家でも作れるゾ」 と思えました。
自分で捏ねた生地は持ち帰り用になって、coeurさんが用意してくださっていた
生地をみんなでのばしていきます。
もういいかなぁと思っても、切ると結構太いので頑張って薄く、、、
それを均等に切るのが難しくて、包丁を握りしめる手に力が入るのでした。
たっぷりと粉をまとわせてきれいにバットに並んだ麺はなんだかカッコイイ!
これを茹でると麺はだいぶ膨らんで、ツヤツヤのおいしそうなうどんができあがり
ました~ わーい
千切りの野菜を薄い衣でまとめたかき揚げと、うどんと同じ麺つゆで味付けする
たたき胡瓜、万願寺唐辛子のおかずもいただきました。
どれもシンプルでおいしくて、またまたモリモリと誰よりもおかわりしてしまう
わたしでした。
かき揚げが、とくに印象に残っていて、サクサクっと軽くて、小さめで食べやすくて、
付けて食べるお塩がおいしくて、人参が甘くて、、、
デザートにはcouerさんが炊いてくださったあんこが入った豆乳寒天。
黒蜜がかかっていて美味。
自家製あんこ、やっぱりおいしい、自分も作りたいなぁと思いました。

おいしいお茶と、コーヒーもいただいて、なんだかシャキーンと、
満腹なのに爽快で、元気になったような気がした、そんなすてきな時間でした。


a0106419_11365542.jpg

みんなでのばします、まだまだノバシマス、、、、、

a0106419_11483730.jpg

切ったうどん、カッコイイ。惚れ惚れ~

a0106419_22212384.jpg

かき揚げを任されるkaoriさん

a0106419_22234177.jpg

艶々うどん。茹でて10分以内が食べ頃だとか。

a0106419_2228372.jpg

サクサクっと上品なかき揚げ。塩もおいしい。

a0106419_22305885.jpg

和みのスイーツ。寒天とあんこを自分ももっと使っていこうと思いました。おいしいから。


coeurさんのところで教えていただく食材や調味料、とても勉強になります。
kaoriさんも言っていたけれど、料理はやっぱり素材! と、再確認。
帰りに小豆を買いに行き、そして、教室の内容とは関係ないですがすてきな
はちみつショップにて数種のはちみつゲット。
持ち帰ったうどんの生地は、kaoriさん宅でさっそくのばして茹でて、
ほうとう風の味噌煮込み鍋をkaoriさんが作ってくれて、夜ゴハンにいただく!
という贅沢。
しっかりとした麺なので、煮込みにも最適。
寒かった夜にぴったりのあったかメニューでした。
ごちそうさまです~

おいしくて楽しくて、勉強になった一日でした。
手打ちうどん、作ってみよう。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-10-24 23:40 | ●習う | Comments(4)

べーコン作り

kaoriさんのお師匠のcoeur(クール)さんのお家に、べーコン作りの
レッスンに行かせていただきました。
べーコンは、レストランで働いていたころ、シェフが手づくりしていて、
燻製あて立てのまだあったかいのをよく味見させてもらっていたのですが
それのおいしいこと・・・
横で見ていて、煙もモクモクあがるし結構大変そうな印象だったので
自分で作ろうと思ったことはなかったのです。
でも、今回教えてもらったcouerさんのレシピはお家で気軽に出来るように
なっていて、煙もそんなに出ない。
そして、なにより、おいしい~。
手づくりべーコンを使って作る 『ナポリタン』 はとてもシンプルな材料で、
それなのに味わい深くて。
べーコン自体の旨みと、coeurさんが教えてくださったあのケチャップ・・・
玉ねぎの炒め方、しゃきしゃきとおいしかったです。
『野菜のオイル蒸し』、おかわりたくさんしてしまいました!
添えられた『グリッシ―ニ』もボリボリ香ばしくて、太いところと細いところ
そのコントラストを楽しめてヤミツキです。
『トマトゼリー』 のかわいい色に心はときめき、おいしいコーヒーも淹れて
いただいて、しあわせ過ぎました。
森の中に建つお家、窓から気持ちのよい風が吹いて、目の前に広がる
緑と空の青。
リゾートですねぇーーー、、、
と、目を細めて遠くを見てしまう のでした。
ご一緒させてもらったkaoriさんとマイコさんの放つ空気といい、
すごーくステキで、3人の大人の女性に憧れを抱き、なんか帰ってからは
背筋がちょっとシャキッとしたし、部屋もきれいにしようかな~なんて
思うのでした。
教えてもらったおいしいケチャップとお塩、帰りに買うことができたので、
早速作ってみます。
すばらしい食卓、ありがとうございました。


帰りにkaoriさんがご馳走してくださったパイナップルミントジンジャーエール。
夏―!


a0106419_2255178.jpg

a0106419_2256530.jpg

a0106419_22565160.jpg

a0106419_2257489.jpg

a0106419_22584533.jpg


カメラを忘れて携帯画像。全部ピンボケしていてなんだかなぁ です。
そしてそして、なんと帰宅後一眼レフのカメラが壊れていることが判明・・わーん
明日は8月メニューの撮影の日。
どうしよう・・・・・。
キタムラさん、朝イチで修理してくれるかなぁ。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-06-29 21:08 | ●習う | Comments(0)