<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2012年 5月のオリジナルメニュー

2012年の5月のメニューが出来ました!

テーマは 『本格カレーを短時間で作る』
以前、大好評だった スパイスをいろいろ使うインドチキンカレー。
今回はシーフードをたくさん使って、短時間でも味わい深い
異国の香りがふわんっと香る食卓にしました。
南インドの風が吹く。
カレーの時って、他のおかずが意外と食べられない(というかカレーに集中して食べたい!?)
ので、デザートを充実させてみました。



お料理メニュー4種


a0106419_015515.jpg

●「南インド風シーフードカレー」
海老、あさり、スルメイカ、ホタテが入った魚介の出汁をしっかりと活かした
インドカレーです。
スパイスは、クミン、コリアンダー、マスタ―ドシード、ターメリック、唐辛子
を使います。
カレー・・・というと、炒めて炒めて・・・煮込んで煮込んで・・・と時間がかかる
ものですが、今回のはシーフードがメイン故、加熱のし過ぎは禁物!
さーっと作れるのに本格的な嬉しいメニューなのです。
ココナッツミルクでマイルドに仕上げます。
ターメリックライスと一緒に どうぞ。


a0106419_0173745.jpg

●「トマトと新玉ねぎのカチュンバル」
『カチュンバル』 というのは、インドのさっぱりとした味付けのサラダです。
ヨーグルトをベースにした酸味があって スパイスがほのかに香るソースで、
旬の新玉ねぎとトマトをざっくりと和えます。
仕上げにレモンをキュッと絞ってフレッシュな酸味を添えて。
お好みでコリアンダーの葉を一緒に食べると最高!


a0106419_0212047.jpg

●「かぼちゃの焼きプリン」
かぼちゃのプリンって、、、美味しいですよね。
旬を迎えるほっくりかぼちゃを裏ごして、まったりと濃厚な焼きプリンにします。
ゆるめに立てた生クリームと、ほろ苦いカラメルソースをとろりとかけて
ちょっと手をかけた絶品デザートの出来上がり!
この濃厚なコクとキャラメルの香ばしい感じが、インドカレーの後に結構合うと
思うんです。


a0106419_0234055.jpg

●「ヨーグルトマフィン」
爽やかでお気軽に出来るかわいい焼き菓子も作ります。
ヨーグルトがたくさん入っているのでしっとりとやわらかいマフィン。
黒いポチポチはポピーシード(けしの実)です。
プリン+マフィン+コーヒー(チャイもいいなぁ)で、すてきなデザートプレートに!
もちろん、お持ち帰りも可能です。





                             以上4品 ¥5000(材料費・税込み)





5月分のご予約の受け付けは4月1日(日)のAM10:30~となります
14:00~レッスンを開始しますので、申し訳ありませんが電話受付を一旦中断
  させていただきます


5月のお休みは 1(火)         
           8(火)        
           15(火)          
           19(土) 臨時休業
           20(日) 臨時休業
           21(月) 臨時休業
           22(火)
           29(火)
 となります。 

※5月20日(日)は、イベント開催予定です!詳細が決まりましたら近日中にご連絡いたします!
※5月3日(木)・4日(金)・5日(土)は祝日ですが臨時営業いたします。


尚、4月のご予約は現在満席となっております。




ご予約お待ちしております。
Ikue's Food Studio ☎0745-23-3366
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-30 18:21 | ★オリジナルメニュー | Comments(2)

八朔マーマレード

a0106419_23214250.jpg

月末は、翌月のメニューの準備と、翌々月の新メニュー作りが
重なります。
いっぺんにいろんなことをやらなくちゃ! と思うと心穏やかではなくなるので、
なるべく分散して・・・・とは思っているのですが、
そういう風に理想通りにできたり出来なかったり。
今月は、まぁまぁ順調でした(嬉)
5月メニューの発表、もう少しお待ちくださいね。諸事情によりアップ出来ていませんが内容は決定しています!
『翌月のメニューの準備』 というのは、近所では入手困難な材料をネットで探して
取り寄せたり、どこのメーカーを使おうか味見して比較したり、下ごしらえして冷凍ストック
できるものは今ぐらいの段階で仕込んだりしています。

4月のメニューのちいさなデザートで、『柑橘ミニロールケーキ』 というのを
するのですが、このケーキ、やわらかくてしゅわっとした生地を作り、そこに
旬の柑橘のマーマレードを巻いて作ります。
そのマーマレードは、こちらでご用意するので、
「柑橘、何がいいかなぁ~」
と考え、いつもの大和田商店のお兄さんのおすすめだった八朔(ハッサク)にしました。
ケーキに巻く用なので少しやわらかめの仕上がりに。
果肉もどっさり入ったので果実感たっぷりのジャム、無事に出来上がりました。
このケーキに生クリームを添えて・・・・・おいしいですよ☆
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-29 23:43 | Comments(0)

みんながすきなハンバーグ

a0106419_21474133.jpg

『フレンチスタイルのハンバーグステーキ』
これは、レッスンを受けてくださった誰もが、
「家のと違うっ!!」
と喜んでくださるメニューです。
使う材料は多分普通だと思うのですが、お肉とつなぎの配合を
きちんと守る事と、塩の分量、焼き方 がポイントです。
あと、合挽き肉ではなくて、牛挽き肉と豚挽き肉を合わせていることも
わたし的にはマスト。
市販の合挽き肉は配合がお店によってまちまちなので、
不安定なのです。
付け合わせもごはんも全て一緒に盛りつけて、赤ワインソースが
ちょっと付いた感じが美味しいんですよね。
鮭とカブのさらっとしたチャウダーも添えて。

大人になってもハンバーグはうれしい。

長くてちょっと重いですよ~
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-27 22:52 | ●教室レッスン風景 | Comments(2)

春のお祝いのメニュー

a0106419_0254323.jpg

今月のメニュー、なかなか写真を撮る機会がなかったのですが、
良いお天気のお昼、撮らせていただきました。
お赤飯をメインに、食材・彩りともに春らしく、節目の季節にふさわしい
おめでたい雰囲気にしたいと組み立てたメニューです。
お赤飯を頑張って作って欲しいから(と言っても難しくないんですよ~)
他のメニューはすぐに作れる気軽なメニューにして、でも見栄えがするように・・・
といろいろ悩んだメニューだったのですが、
「先生! コレなら作れそうです!」
とのお声多数で、本当によかったです。
お赤飯がサラリと作れたら、絶対カッコイイですよね。
わたしは勝手に想像しています・・・・・
生徒さん達が、お赤飯を作ってすてきな重箱に詰めて、南天を飾り、
大切な誰かにプレゼントしている様子を・・・☆
当初は、おにぎりにして丸くかわいく盛りつける予定でしたが、
もち米 故に粘り気があって熱い熱い・・・
それに、しっかりと冷めた方がもち米の良さである粘り気をしっかりと
感じられる
ということで、冷めやすい平盛にすることになりました。
骨董が趣味の父から無断で借りた(笑)染付の大皿がおめでたさを演出
してくれます。


a0106419_0414454.jpg

取り皿に、先日楽久登窯さんで購入したぽってりと艶のある茶色いうつわ。
井内素さんの控えめな赤の蕎麦猪口やkanehenさんの金のお箸置きも
おめでたい雰囲気にしてくれます。

[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-26 00:22 | ●教室レッスン風景 | Comments(2)

肉まん名人

a0106419_23581358.jpg

a0106419_004643.jpg

a0106419_04310.jpg

夜だから暗くて仕上がりの肉まんが劇画タッチに写っていますが・・・
肉まんの成形は、アンがたっぷりで結構難しく、きれいに包めた風に
見えても、蒸してみたらパックリ開いてしまった 
なんてことも多々あるのですが、この日の生徒さん KKコンビの肉まんは
すばらしく上手に包まれていて、そのタマネギ型の可愛い肉まんに
思わず写真を撮らせていただきました。

春だけどまだ肌寒いこんな日は、ほかほか肉まんがおいしいですね。
皮はムッチムチだよ~
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-26 00:20 | ●教室レッスン風景 | Comments(0)

海とすしとうつわと籠と

a0106419_2230664.jpg

海岸線を車で走る走る、なんて幸せなんだろう、気持ちいいー!!
淡路島日帰り旅。 パワー充電満タンです。

この旅の目的は、なんと言ってもおすし!
そして、淡路島といったら!の玉ねぎと、すてきなギャラリーのあるうつわの窯元、
あとは自然に飛びみリフレッシュ。
奈良県の地元から車で2時間足らずであんな時間を手に入れることが出来るなんて、
淡路島、最高good☆でした!

淡路島の南端で高速を降りて、そこからいろんなところを巡りながら
北上します。
天然酵母のパンがずらりと並ぶすてきな外観のお店ルフィアージュ
『クロックムッシュ』 や 『栗とマカダミアナッツのライ麦パン』 などのランチを
食べたら、そらみどうにてかわいい雑貨を物色。
ラオスやアフリカの木の小物を嬉しく購入したら、お次は淡路の牛乳を使った
ジェラ―トのお店へ。
淡路牛乳のジェラ―トと桜のジェラ―トを食べてしばし休憩。
菜の花畑で車を止めて見渡す限りの黄色に心ときめかせ、
楽しみにしていたうつわのギャラリー楽久登窯(らくとがま)さんへ。
本当にここでいいのだろうか・・・とかなり不安になる山の上に、古民家を
それはそれはすてきに改装したギャラリー&カフェ。
実は、今日は定休日だったのに、先日電話にて、
「他にうつわをおいておられるお店はありますか?」
と尋ねたら、ギャラリーを特別に見せてくださったのです。
漆喰が塗られた真っ白な空間にぼわっと浮き出るように置かれた
うつわの数々を、ゆっくりと見せていただきました。
すばらしい空間とお人柄に来てよかったと思いました。
カフェの営業日にまた行きたいな。
そして、海沿いの道 『淡路サンセットライン』 のあまりのすてきさに
車内は大興奮。
またまた車を止めて、よく太ったカモメを見ながら青い海を満喫。
行く道すがら、窓を開けて走っていたら、なんかすっごくいい匂いがして
「なんだなんだ!?」 と言ってたら、なんと淡路島、お香の製造が盛んなの
ですね。
一筋の道にいくつものお香の製造会社が。
なんでも、淡路島は 『香木伝来伝承の島』 だとか。
ローズのお香など直売店で物色したら、野菜の直売所で玉ねぎをたくさん
買い込み、これで車内は玉ねぎ王国。
玉ねぎの匂いが充満~。プ~ン。
そして、伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)へ。
樹齢900年の楠に触れ、いろいろ想ふ。
おみくじを引いて、書いてあった言葉をかみしめ、木には巻き付けずに
忘れないようにたまに見れるようにとお財布にしまう。
『時が来れば思うままになります・・・しかし・・・』
通りかかった 『たこせんべいの里』 にてたこせんべいゲット。
別に欲しくなかったのについ買ってしまう。たこせんべい。。。

さてさて、クライマックスは楽しみにしていたおすし屋さんへ。
車で細い路地をぐるぐる迷い迷って、最後はファンタグレープを飲みながら
店番をしていたお肉屋のおっちゃんに教えていただき、路地裏の人気店
林屋さんへ30分遅れで到着。
いかにもTHEすし屋! というオ―ラを放つ大将を前にカウンターにて海の幸を
全力でいただきました!
まずは、おまかせで刺身盛り合わせを作っていただく。
ヒラメ・カレイ・いかwithウニ、イカゲソ、タコ、鯛、ハマチ、赤貝、ミル貝、
軽くしめた鯖、中トロ。
すごい。
お酒が飲めないのが残念。これは絶対冷酒。
魚がコリコリ過ぎて、全然飲み込めないくらい。
身がしまってて固い、ぷりんぷりんです。
そして、おすしもおまかせで。
水タコ、トロ、ヒラメwith肝、シマアジ、生車海老、タイラギ貝、ウニ、鳥貝、
蒸し穴子、玉。。。他、何かあったかな、ワスレマシタ。
〆に赤だしをいただいて、淡路・岩屋漁港の海の幸、最大限のおいしさで
たのしませていただいたのでした。
値段も分からず食べていましたが、二人で1万円くらい。
これはスゴイ。
大将が、独特で、帰りの車の中では終始その話題で持ちきりに!(笑)
もしも漫画で 『寿司屋の大将』 っていうのがあったら、絶対この人が主人公だ。
もう、漫画の世界から飛び出して来たみたいなキャラクター。
林屋さんは、お魚屋さんが営む寿司店で、店先には水槽やトロ箱に入った
魚介が 『今、海から揚がって来ましたよ―!』 という風情でずらっと並んでいます。
ああ、このお店がIFSに近かったら、どんなにかすばらしい魚料理ができるだろうと
ついつい妄想してしまいまうのでした。
このお店を教えてくださったのは生徒さんです。
Fさん、本当にほんとに美味しかったです。

こうして、夢のような時間を過ごし、明石海峡大橋からの煌めく神戸の夜景を見ながら
幸せ満タンで帰路
についたのでした。

淡路島、またすぐに行こう。
D、一日、いっぱい、ありがとう!!!!!



a0106419_22312048.jpg

a0106419_2231485.jpg

a0106419_22321966.jpg

a0106419_22325022.jpg

a0106419_22333844.jpg

a0106419_22343760.jpg

[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-22 00:23 | Comments(8)

金曜日だけのお菓子

a0106419_9311132.jpg

週末、金曜日だけの焼き菓子屋さんのお菓子。
差し入れいただきまして、休憩にうれしくいただきました。
桜のシフォンケーキや苺を焼き込んだタルトなど、春らしい
ラインナップ。
ごちそうさまでした!
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-18 09:33 | ●奈良のすてきなお店 | Comments(0)

水色×ミドリ

a0106419_8375118.jpg

朝、お久しぶりの Fine Day さんでお花を。
今日来られる方の顔を思い浮かべながら、喜んでもらえそうな
のを・・・
爽やかな春の色。
ピンクや黄色もいいけれど、こういうやさしい寒色系に惹かれます。
Yさん、お元気そうでよかったです!
お忙しいと思いますが、ご自分の時間とお体も大切にしてくださいね。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-17 00:31 | ●すてきなもの | Comments(0)

菜の花シャキン

a0106419_9435313.jpg

一年中、ほとんどの野菜が手に入る今の時代でも、
春野菜だけはまだまだ希少価値を保っているのではないでしょうか。
菜の花やフキノトウを食べると、
ああ、春だなぁ~ と感じます。
今月は菜の花を使って洋風和えというのをやっているのですが、
生ハム・新ジャガ・半熟ゆでたまごと一緒にマヨネーズベースの
辛子風味の和え衣でまとめています。
これが、和風のメニューの中でよいアクセントになっていて、気に入って
います。

さて、菜の花ですが、買ってきたら生け花みたいに水に挿して、冷蔵庫の
あまり冷えない場所においておくと、すっごく元気にシャキンとなります。
ぐったりしたまま茹でるのと、全然違うので、お試しを。
アスパラも同じようにするとよいですよ。

あ、菜の花、花が咲いてしまってますね・・・
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-16 09:44 | Comments(4)

バナナのジャム・休日

a0106419_23272783.jpg

髪を整えて、春の服もすこし買って、ゆっくり休日を満喫です。
友人とのんびり料理の話をしていたら、すっごく楽しい気分に
なりました。

写真は、教室の玄関のフルーツバスケットに忘れてたバナナ2本。
休み前、これを放って帰るともうダメになるなぁと、遅い時間にジャムを
炊く。。。
これが、全然期待していなかったのに美味しくて。
完熟のバナナ150g(輪切り)
グラニュー糖110g
水大さじ3くらい
レモン汁小1個分
をアクを取りながら沸騰させて、とろみが軽くつくまでさーっと煮ただけです。
毎度おなじみの香麦さんのゴリゴリパンにのっけて、アム~ッと食べたら
バッチリ。
ヨーグルトのソースにも。
スコーンやパンケーキもいいですねー。
バナナの最終の行き先、わたしの場合ジュースが多かったけれどジャムも
いいですよ。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2012-03-13 23:40 | ●おいしいもの | Comments(0)