<   2013年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

蒸籠を囲むしあわせ

a0106419_1412571.jpg

肉まんが蒸し上がりまして、今から試食! というところ。
蒸籠から湯気、、、最高デス。
蒸す装置、別に何だっていいんですが、やっぱり蒸籠がテーブルに
どどんとあると、風情がいいです。おすすめです。
むっちりとした食感の生地はほんのり甘くて、
テンメンジャンや紹興酒で香り良くあっさりと味付けした
中の餡と相性よし、なのです。



a0106419_1533439.jpg

8個蒸すのですが、大きい蒸籠に入りきらなかった3個。
ちいさい蒸籠からいただきまーす。
ジャスミンティがぴったり。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-31 00:40 | ●教室レッスン風景 | Comments(0)

試し焼く

a0106419_156781.jpg

2月のベーグルのレッスンでは2種のフレイバーを作ります。
以前より、オーブンをもう一台、、、と考えていて、この機会に
追加しました。
これで2種類でも2名様でのレッスンでもスムーズに焼けます。
今使っているのと同じもので2012年のモデルなので、
さほど変わらないと思いながらも心配で、試し焼きしてみました。
バナナクランベリーナッツベーグル
良い感じです◎
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-31 00:35 | Comments(0)

お味噌作り・友情特別純情編

a0106419_23402356.jpg

寒い日になりました土曜日、今年も、需要があったので、
2月の生徒さんが対象のイベントに先駆けて、
お味噌の会を普段お世話になっている友人たちと開催しました。
昨年につづき2回目の参加の友人、昨年は手に怪我を負ってしまい
無念の!?不参加だった友人、昨年の様子をみて興味をもってくれた友人、
大人とちびっこ総勢10名でのお味噌作りとなりました。
豆を家で準備してもらって茹でて来てもらうところから、早速ハプニングも
あったりして、ハラハラドキドキもありつつ(笑)
そして、みんな元来とっても真面目な人たちなのにのに、わたしったら気合いが入って
なんだかちょっと説明が大げさになったところもあり、黙々とドエライ集中力を持って
みんなが作業していたような気がします、、、
お味噌作りが難しくてめんどうくさい物だと思って欲しくないので、
もっとポップにできれば良かった! と、ちょっと反省したりもして。
おいしいもの食べて欲しいと思うと、ついつい、力が入ってしまうのですー。フーン
そんな感じでかなりみんな集中して作業してくれたので、
きっとお腹もぺっこぺこに空いたはず!
お昼ごはん、すーっごくいっぱい用意したよ―!
ということで、これも昨年と同じく、Ikueの手作りめしをふるまったのでした。
大好きな友人たちに向けて作る料理は、とてもとても楽しくて。
あれもこれも食べて欲しくて、メニューが一旦決定してはまた変えて、
買い物に行ってはまた変わって。
みんなの顔を思い浮かべながら作りました。


例のごとく、一刻も早く食べてもらいたくて、ピントもろくに合わさず走りながら撮った写真ですが、、、

a0106419_2344687.jpg

出し巻き
朝、これを作る時が一番集中した時間です。
一番よい火加減で焼きたかったし、味付けを上品に繊細にしたかったから。
噛むとじんわりと出汁が出てきます。
すだちをかけるのがおすすめですよー
盛りつけ急ぎ過ぎて南天も飛び出す始末。

a0106419_23443832.jpg

白和え
お豆腐を使ったものを一品作りたかったのでこれにしました。
ひじき、人参、大根、干し椎茸、あげをホノ甘く炊いて、摺りごま入りの
豆腐の和え衣で和えました。
ちょっとだけ手をかけて、菜の花を出汁でさっと煮たものを最後に混ぜて
春の香りを。

a0106419_23451744.jpg

ちきん南蛮
盛り過ぎて下品になってしまいました(苦笑)
これは、みんなが集まるパーティ料理のテッパンですよ!
大人もちびちゃんもみんなが必ず喜んでくれる。
レッスンでも登場しているあのレシピ、そのままです。
このレシピは、我ながらよく出来ているなぁ~、とくに甘酢の加減が最高やな~
と、自分に甘いわたしです。
ayaちゃんが鶏をカラッと揚げ、Rチがアツアツのうちに甘酢にくぐらせ、
完成度高く仕上げてくれました! ありがと!
写真なしですが、カラフルコールスローを別添えでたっぷりと。

a0106419_23454948.jpg

おにぎり
今年は、真っ白なおにぎりにしました。
kaoriさんのところでいただいたシンプルなおにぎりを見習って、
そして、blogに書いておられた
『手のひらが火傷するくらい熱い間に塩をちゃんと効かせる』
これが目からウロコなポイントなのでした。
お米は、タイミングよく前日に精米することができたので、
「米がせっかくいいのでとびきりおいしくしたい!」
と思いは募り、いつもは鍋で炊飯するのですが今回は家から炊飯器を持ってきて、
時間をちょうどみんなの作業終了時間に合わせて炊いて、
アッツアツを急いで握りました。
(お鍋だと、お味噌レッスンしながらタイミングを計りづらいので)
お味噌と、梅干しと摺りごまを混ぜた梅味噌を添えて。
そして、海苔を大きめにカットしてパリパリを包んで食べてもらうのが
大人もちびちゃんにも好評でした。
おにぎり、kaoriさんのおかげでだいぶ品質アップ出来ました!感謝です!
おにぎりは大事なんです。笑

a0106419_23463596.jpg

角煮
これ、ウケました。嬉
大人数ならでは、で、豚バラのでっかいブロックを買う時が
なんだかちょっと誇らしかったりします。
1時間きちんと下茹でして、一晩冷やして脂を丁寧に取るので、
実際に味付けしてから煮る時間は30分くらいと短いですし、すっきりとした
味です。
酒と醤油と砂糖だけのシンプルな味付けですが、
下茹での時の長ネギやにんにくの香りがおいしい深みを出してくれます。
これもレッスンと同じレシピです。
ほろっとやわらかく上手に炊けたな。。。と、
早朝にひとりニンマリしてしまうのでした。

a0106419_23472813.jpg

これを絶対に盛りつけたかったのはこの器、カモシカ雑貨店さんで買った
沖縄の迫力のある大鉢。
こうなると、もう、角煮ではなくラフテーと呼ばなければ、です。
今が旬の大和野菜『大和まな』を添えました。

a0106419_2348577.jpg

小松菜の柚子酢味噌和え
こちらもレッスンのメニューからです。
昨年12月のメニューでした。
盛りつけてから随分時間が経っていたので汁が出て来ていて恥ずかしいいですが、
みんなにおいしいおいしいとすごく褒めてもらった一品でした。
こういう時の小松菜は、少し柔らかめに茹でるのがおいしいなぁ~

a0106419_23483679.jpg

菊花かぶら&菊花ラディッシュ
同じく12月メニューで『菊花大根』をしましたが、それのかぶバージョンです。
ちびっこもいるので唐辛子をやめて柚子味にやさしく。
小ぶりのかぶですが、丸ごとなので迫力ありますよ。
でも、かぶってやわらかいので、一口で頬張ってもらうのがおいしいなと思います。
直売所に売っていたラディッシュを見て、これもやっちゃえ 的な。
色移りするので別々に漬けますが、漬け液は同じものです。
皮の色が一旦抜けて、それが次第に全体に中まで移っていく、、、
勉強になった実験的な一品。

あと、粕汁も作ったんです、kaoriさんに習った鰤のおいしい粕汁を鮭バージョンで。
へーんな写真しかなかったので割愛です。

a0106419_2349519.jpg

デザート
とろけるぷりん、バナナシフォンケーキ、フロランタン。
プリンは卵黄しか使わないなめらかリッチタイプなので、卵白が余ります。
それでシフォンケーキにしました。
ふわふわ軽いし、おにぎりをたくさん食べた後でも大丈夫なケーキかな
とも思って。
フロランタンの人気ぶりにびっくり。
みんなたくさん食べてくれて、本当に嬉しかったです。
Kちゃんがやいやい言われながら(わたしに!)必死で淹れてくれたコーヒーも
おいしかった! Kちゃんお疲れ! ありがとう!


ということで、お味噌作り・友情特別純情編 は無事に終わりました。
みんな、お味噌の出来上がり、楽しみにしててね!
きっときっとおいしいのができるよ☆

ちびちゃんたちが麹を触って楽しそうにしてたり、お団子をギュ―っと背中が震えるくらい(かわいい)
一生懸命握っていたり、そういうのが嬉しかったです。
味噌伝道師としての心が震えました! 笑
みんなが「おいしいっ! 」って、お料理をペロッとたいらげてくれたのも本当に嬉しかった。
料理を『教える』仕事を選択してからもう随分と経ちました。
こういう、だれかのために作って、食べてもらう機会をいただく度に、
かつてレストランで働いていた日々のことを思い出します。
お客様に食べていただく料理を作り、考えることが仕事で、
それが何よりも楽しくやり甲斐だったあの頃。
そのスピリッツはまだ、お腹の下の方でちいさいですがフツフツと燃え続けて
いるように思います。


たーっくさんの洗い物をひとつ残らず全部終わらせ、移動した家具や器具をもとにもどし、
床掃除や排水溝の掃除までやって帰ってくれた友人たち。
。。。。。ありがとう、
いつもありがとう。





さて、2月はみなさんと、たのしくポップな! お味噌の会を!
デザート、何にしようかわくわく考え中です。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-27 00:52 | ★イベント | Comments(4)

苺のシャルロット

a0106419_2334029.jpg

久しぶりにレッスンさせていただきました。
生地を絞り出す時が勝負のケーキです!
苺、この日はあすかルビーの小ぶりのちょうどいいのがあったので
コロンとかわいい仕上がりになりました。
贅沢に1パック全部使います。

Tさん、とてもきれいにできあがりました。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-26 23:38 | ●教室レッスン風景 | Comments(0)

深夜の衝動ベジカレー

a0106419_112799.jpg

冷蔵庫の整理をしていて集まった、半端な野菜と、
頂き物の立派なさつまいもと、
先日 大豆を茹でた時にとっておいた茹で汁、
これを使ってどうしてもカレーが作りたくて、
えっ!?こんな時間! というところまでかかって、結構丁寧に本気で
インド系のベジカレーを作ってしまいました。

さつまいも、玉ねぎ、赤玉ねぎ、金時人参の先、セロリの葉っぱ、
白菜、マチルダ(じゃがいも)、ナス、パプリカ、茹でた大豆、カブ、
白ネギの青いところ、キャベツの外側の青いところ、にんにく、しょうが、
香味野菜はしっかりと炒め、
その後他の野菜を鍋からはみ出しそうなくらいたっぷり入れて強引に蒸し煮して。
水分は、野菜からたくさん出てくるのと、大豆の茹で汁。
今年の茹で汁、ほんとうに甘くておいしかった!
いいお味噌ができそう!
あとは、ピューレ状に回したトマトの缶詰。
スパイスも目分量でガンガン入れて、さつまいもが主役なので
シナモンをしっかりと効かせて。
仕上げはこれまた冷凍庫に半端に残っていたココナッツミルクを。

おいしいー。
スパイスってほんとにすごい、
ご馳走ができたゾー
2.5ℓの容器いっぱいにできたゾー
さつまいもがおいしく、大量に入れた白菜がとろっと濃度を出してくれました。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-25 00:11 | ●私のゴハン | Comments(4)

味噌スイッチ、on!!

a0106419_228457.jpg

今年もまた、この季節がやって来ました。
寒くなったらお味噌を仕込む、、、すっかり恒例になったお味噌作りも
4年目のわたし、
教室でもお味噌の会を開催しますが、自分の分はやっぱり味噌師匠である
kaoriさんのところで作りたい。
(教室ではティーチングに全力徹します!)
というわけで、今年もみなさんでわいわいと楽しくお味噌を作り、
そしてとびっきり美味しいお昼ご飯、お腹いっぱいいただいて来まして、
おいしくって楽しくってホックホクになり、2013年の『味噌スイッチ』は
完全にon!! になりました。




a0106419_2215355.jpg

a0106419_2215595.jpg

a0106419_22163139.jpg

a0106419_22165725.jpg

a0106419_22172024.jpg

ごはん、、、
どれもこれも本当においしくて
、(内容、まだお味噌の会終わってないから詳しく言わないほうがいいですよね!?kaoriさん!)
実はここ数日少し体調がモヤっとすぐれなかったのですが、
季節の野菜いっぱい、滋味深く、からだに染み込んでくるやさしいおいしさに、
すっかり元気になって、帰りの車の中では スカーッ! と爽快な気分でした。
帰宅して、早速教えてもらった粕汁を土鍋いっぱいに作ったくらい元気!笑


a0106419_22175174.jpg

おにぎり+味噌、これがすっごくすっごくおいしくて~
5個、食べてしまうのでした。
kaoriさん、いっぱい用意しておいてくれてアリガトウゴザイマス。



お味噌作りは1年に1回しかしない作業なので、une table にて、
「そうそう、こうやって作るんだった」
と、思い出させていただき、そして、
「そうそう、こうやってみなさんをお迎えするんだった!」
と、おもてなしの気持ちの準備もさせていただいているのです。
生徒のみなさんとのお味噌の会では、だいどころ飛鳥さんのすてきな
お弁当を食べていただきますが、
今週末に友人たちにもお味噌伝授の日がありますので、
わたしも張り切って、気持ちを込めて、お料理を作りたいと思います。


それにしても、おいしい 幸せな食卓だったなぁ。
ありがとうございました。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-22 22:17 | ●習う | Comments(8)

parfait

a0106419_1402357.jpg

先日、4年前のバレンタインメニューだった ハートのしっとりブラウニー
レッスンがありました。
直径18㎝の丸型で焼いたブラウニーを、ちいさいハート型で抜く
というとってもラブリーなケーキです。
抜いた残りのブラウニーを使って、苺のパフェを作るのですが、
これが、とても美味しいんですよ☆
アングレーズソース(卵黄、砂糖、バニラビーンズ、牛乳で作るカスタードのようなソース)と、
苺ソースを作り、
ブラウニー、バニラアイスクリーム、カットした苺、甘さ控えめの生クリーム、
と組み合わせていきます。
甘酸っぱい苺のソースとアングレーズソースが混ざって、ブラウニーに
しみ込んだところが最高Goodだと思います。
今日の生徒さんも喜んでくださり、わたしも一緒にかわいいパフェにキャッハ~ッと
テンションが上がるのでした。
ブラウニーはプレゼント用に、パフェは自分用に。。。
なかなかよくできたすてきなメニューだなぁ と、我ながら思うのです(笑)
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-22 21:57 | ●教室レッスン風景 | Comments(0)

八朔ジャム

a0106419_124433.jpg

年明けすぐの時に生徒さんにいただいた八朔がもぎたてフレッシュ! な
風情で まだ固そうだったのでおいておいたのですが、
昨日、別の生徒さんに八朔ジャムの作り方を尋ねられてお答えしている
うちに ムクムクと自分も作りたくなり、夜中にエイッと作りました。
ちょうど母が愛媛のおばぁちゃんの家に行くことになっていたので、
おばぁちゃんにも食べてもらったらいいなぁと思って。
それに、先日のくるみの木で食べたトーストのみかんジャムがとても
おいしかったので、それにも影響されて。
いただいた八朔はご自宅で採れたもの、ということだったので、
皮まで使うジャムにするのが丸ごと活かせていいですね。
多分、農薬とかは使われていないと思うので。
まだすこーし若い感じだったので、わりとビターな仕上がりになりましたが、
季節感たっぷり、満足満足。

ジャムを作るのは、良い気分になるので、好きです。


柑橘系ジャムのざっくりとしたレシピはこちらです
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-20 00:21 | Comments(0)

これが牛すね肉デス。

a0106419_1221656.jpg

「先生! 牛すね肉ってどんなんですか??」
と、ほとんどの生徒さんに聞かれるのですが、スーパーでは
あまりカタマリでは売っていなくて、四角くシチュー用などでカット
されているのをよく見かけます。
『シチュー用』 『煮込み用』 などのラベルを貼られてパックに
なっているのが多いですね。
すねは、こんなんですよ~↑↑↑
これ、ひとつで1㌔以上あるのですが、まるで自転車のサドルのような
形をしています。
今日、お肉屋さんに行ったので、
「これ、みなさんに見せなきゃ!」
と、思い出してあわてて写真を撮った次第です。
筋があって、煮込むとゼラチン質が溶けだして旨みに変わる。
噛むとコリっとしたところがところどころあって、赤身にもしっかり旨みが
感じられる、おいしい部位です。

カタマリが大きいので、場所によって脂と筋の入り方が全然違います。
なので、均等にするために、適当にカットして、混ぜて、
一回のレッスン用ずつに分けています。
a0106419_1121653.jpg


4㌔の肉、すごく切り応え、ありました。
今日の肉はとくに良かった気がするー。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-19 00:37 | ●食材 | Comments(0)

ついつい

a0106419_1191293.jpg

ちらしずしがフォトジェニックで、いつも、ついつい撮影してしまいます。
この日の生徒さん、すごくきれいな花蓮根を作ってくださいました。
上手ー!
昨年のイベントでも使わせてもらったこの白い器は、本当に出番が多くて
いろんな場面で活躍中です。




a0106419_1195583.jpg

やちむんも早速バンバン使い中。
いなりずし、美味。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-01-18 00:22 | ●教室レッスン風景 | Comments(2)