<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2013年 8月のオリジナルメニュー

2013年の8月のメニューが出来ました!    

テーマは 『豪快に!』
人が集まる機会が多いシーズン。
そんなときに活躍しそうなメニューで、下ごしらえをちょっとがんばっておいたら
あとは鍋やオーブンや冷蔵庫がすてきに仕上げてくれる。。。
そういうお料理にしました。
テーブルに並べた時の華やかさと豪快で食欲をそそる感じは、
作った人も食べた人もきっとわくわくっ です!




お料理メニュー4種


a0106419_1385088.jpg

●「鶏もも肉と野菜のロティ ~タプナードを添えて~」
「夏は、アウトドアで食べるような料理がいいなー」と、親友と話していて
これが出てきました。
鶏肉は焦げ目を付ける程度に両面を焼いた後、オーブンへ。
鶏肉からしたたるおいしいオイルを利用して野菜もおいしく焼けるように工夫して。
火の入れ方次第でお肉も野菜も状態が変わりますからここは慎重に。
オリーブやアンチョビなどを使って作るソース『タプナード』を添えてシンプルだけど
華やかなメインディッシュです。




a0106419_1403849.jpg

●「ラタトゥイユ」
わたしがかつて勤めていたレストランのシェフは南仏で修業した人だったので、
夏になるとラタトゥイユをアレンジしたメニューが豊富でした。
ラタトゥイユ+温度玉子、ラタトゥイユ+自家製ベーコン、ラタトゥイユ+魚介のマリネ。。。
合わせる素材によって味付けはもちろん 切り方や火の入れ方も変わるのです。
カラフルなラタトゥイユがお皿にのると、ああ、夏が来たんだなぁと、
あの頃厨房で感じていたのが懐かしいです。
野菜ごとにきちんと下処理をして炊き合すので 水っぽくならず、野菜だけなのに
しっかりとした旨みが感じられて美味。




a0106419_1425675.jpg

●「アボカドとサーモンのタルタル」
アボカドとサーモン、名コンビです。
食感と香りの良い食材をたくさん合わせて、濃厚だけど爽やかな味つけに。
サーモンもきちんと下味を付けておくとおいしく馴染みます。
バゲットをカリカリに焼いて、ちょっとずつタルタルをのせてパクっと!
みんなが喜ぶおしゃれなオードブル。





a0106419_1445573.jpg

●「アイスクリーム」
やってそうでやっていなかったので、やってみました。
すっごくシンプルなアイスクリーム。
きっと、こういうのが食べたかった! という感じですよ(笑)
アイスクリームマシーンがあれば、ぐるぐると撹拌しながら冷やし固めて
くれるのですが、冷凍庫で放っておいたら出来上がるレシピにしたので
撹拌しなくても滑らかに仕上がる配合です。
冷やしたカップにもりもりっとよそって、嗚呼しあわせ。






                             以上4品 ¥5000(材料費・税込み)







8月分のご予約の受け付けは7月1日(月)のAM10:30~となります
14:00~レッスンを開始致しますので、申し訳ありませんが電話受付を一旦中断
  させていただきます
 19時くらいからまた手が空きますので、お電話に出やすいかと思います。


8月のお休みは
6(火)
11(日)~15(木)
20(火)
27(火)
28(水)

となります。
よろしくお願いいたします。

尚、7月のご予約は現在満席となっております。






ご予約お待ちしております。
Ikue's Food Studio ☎0745-23-3366

[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-28 23:49 | ★オリジナルメニュー | Comments(4)

ラタトゥイユ

a0106419_23253326.jpg

大雨でしたね。
大雨で警報も出ている中、撮影の日でした。
こんな天気できれいに写るかなーと心配しながらも、
6月らしいアンニュイな光でなんとか撮れました。
8月のテーマは 『豪快に』 。
バーっと仕込んで、待つ。そんなお料理にしました。
生徒さんで、いつも親身になっていろいろ提案してくださったり、
メニュー、こんなのが作りたい! とリクエストをしてくださったりするHさん。
Hさんが
「せんせい、ラタトゥイユってどうやって作るんですか!!?」
ときいてくださったので、
それ、やりましょう、と、8月に登場です。
8月にわんさとある、トマト・茄子・ズッキーニ・バジルなどなど
を使いますからね、絶対に夏に作りたい。
※しかし、IFSのオープンした2006年の11月のメニューに入っているのです。。。
あのときはフランスっぽいメニューにしたかったんですよ。。。今思うと絶対変、冬にラタトゥイユ。。。


あの時のレシピを見直して、さらにバージョンアップ。
よりおいしくシンプルにしました。
蒸し煮によって出てきたjus(汁)、オリーブ油と乳化しておいしいですよ~
メインディッシュもシンプルで豪快ですよ~

一点だけ撮影できてないメニューがあるので、もう少しお待ちください。



今日は、うつわのなづなさんにうかがいました。
市川孝さんという作家さんの個展が始まっています。
込み合うかな、と思って夕方遅くにうかがおうと予定していたのですが
雨が少ないうちに・・・と予定変更で早く出かけたら、
まんまとちょうど大雨に当たる!笑
あまり時間がなかったのでゆっくりは見られませんでしたが、
座ってお客さんに丁寧に説明されている市川さんのお話を
背中で盗み聞きながら(笑)
いろいろと見させていただきました。
手にとると、草や木や土をさわっている時のようなきもちになる
市川さんのうつわです。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-26 23:49 | Comments(4)

アジサイグラデーション

a0106419_11413074.jpg

アジサイの季節。
わたしの家のアジサイは、今年はなぜかガクアジサイしか咲かなくて、
もりもりふんわりとしたアジサイは葉っぱだけが元気に茂っています。
昨日、生徒さんのKさんがもりふわのピンクのきれいなアジサイをくださって
やっぱりコレコレっ!
と、気分が上がりました。
はー、アジサイってほんとにカワイイ。
ちいさいものがみっちりと集合しているものに胸がキュンします。




a0106419_11465547.jpg

Kさんありがとうございまーす。
KさんとMさんのムスメちゃんたちの成長ぶりと可愛らしさにも
いつも胸がキュンキュンです!♥
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-25 11:50 | ●すてきなもの | Comments(0)

にわかに始まる梅仕事

                               梅のところどころある赤い所ってかわいい~
a0106419_1184163.jpg

先週の休み前の日、
ああ、今週もがんばったなぁ、今日は早く帰って早めにお風呂に入って
ボーっと本も読んで、、、
と、まったりタイムに想いを馳せていた矢先、
大量に梅をいただく!!
大家さんがお庭に生っていたのをくださったのですが、それはもう
今作業して何かにしてしまわないと、明日には傷んでしまいそう!
という梅なのでした。
休みはマタゲナイ。。。
せっかくいただいたので腐らせてる場合じゃありません。
やるしかなかったので、仕事終了後、氷砂糖と8㍑のでっかい瓶を買いに行き
作りました、梅シロップ。
母より伝承の適当レシピ+αなやり方ですが、
梅を洗って
→ヘタを取って
→一個ずつキッチンペーパーで拭いて
→フォークで突いて穴を開けて
→消毒した瓶に氷砂糖と交互に詰めていく
→冷蔵庫へ

a0106419_11173230.jpg

深夜に及ぶ梅仕事。
達成感は満点。
おいしいジュースができますように。



Kちょん、できた??
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-25 11:22 | Comments(2)

柿の葉ずし作り、そして蛍の光。(加筆しました)

a0106419_027094.jpg

先日も、奈良・吉野へ行ってましたが、またまた吉野へ。
今回は、いつもお世話になっている親友ayaちゃん(吉野っ子)のご実家へ
お邪魔させていただいて、おかあさんとおとうさんに 郷土の味である
柿の葉ずしの作り方を教えていただける! という夢のような企画。
山に葉っぱを採りに行くところから始まる、わくわくの一日のはじまり~!キャー♥



a0106419_051994.jpg

朝のうちに吉野のお家に到着。
お久しぶりデスのご挨拶をさせていただいたら、おとうさんと一緒に山にGo!!
超ロングな高枝切りバサミと こーんなにも趣のある籠を持って。

a0106419_054480.jpg

ayaちゃん、似合っとるよ。ほんとに似合っとる。。。うん。
おかあさんのお話によりますと、このあたりでは柿の葉よりも、朴の葉を
使ってお寿司を巻くことが多いそうです。
朴の葉を90枚ほど、柿の葉を20枚ほど採ってきました。
山歩き、きもち良かったな~
まるでC.W.ニコルのように、山のこと植物のこと、なんでも知っているおとうさんの
控えめでやさしい山解説に 興味津津。

a0106419_061196.jpg

さて、次は葉っぱをカットします。
朴の葉は柏餅の葉っぱ(=柏の葉!)ほどあって下が固いので、程よい長さに
調整します。

a0106419_065270.jpg

モグラ(わたし)嬉しそうにやってますよ~(笑)
この時点でもうお昼に。
時計も携帯も見ないでゆっくり夢中になれる贅沢。

a0106419_0104166.jpg

私たちが山に行ったり葉っぱを切ったりしている間に、おかあさんがご用意
してくださったお昼ごはん!
今年初の冷たいお素麺、、、おいしかったなぁ~
金時豆の甘く煮たのも、出汁の効いたおからも、すっごくおいしい。
ayaちゃんのおかあさんはいつもこうやって手作りのお料理でおもてなしして
くださるのです。感謝。

a0106419_011558.jpg

さて、柿の葉寿司再開!
カットした葉っぱを今度は丁寧に裏表拭いて行きます。
「葉脈に沿って拭かなあかんで」 と おとうさん。
もう、この時点で柿の葉寿司っぽい匂いが漂っています。

a0106419_012741.jpg

お次は寿司飯です。
10合ものお米をタイミングを見計らって炊き上げておられたおかあさん。
酢の加減や酢を入れるタイミングなど、各家庭にそれぞれのおいしいやり方が
あるみたいで、それをご近所同士、情報交換されているみたいです。
木でできた型に310gずつ詰めて、押して、まずは幕の内弁当のごはんの
ようにどんどん作っていきます。
それをカットして大きさを揃えて作ると、きれいに出来上がるのよ~と、おかあさん。

a0106419_013836.jpg

ご飯の上にサバをのせて、葉っぱでしっかりときつく巻いて、
それをどんどんおかあさんに渡していきます。
手際良くきっちりと詰め込まれていく柿の葉寿司。。。
この木の型、使い込まれた感じでかっこいいなぁ。
道具がすき、道具に弱い、 わたしです。
何段か重ねたら上から板を置いて重石をして、あとはゆっくりと待つのです。

a0106419_0135788.jpg

夕方になりました。山にお散歩!!
ayaちゃんの愛犬Dと一緒にGo!!!
木こりの人の車しか入らない道。。。
におい立つ緑、生きている土、流れゆく川。

a0106419_0143553.jpg

Dのしっぽがピーンってなっている(笑)
紐を外してもらって自由に川で水遊びしているD、幸せそうだなぁ。
コロも連れて来てあげたいよ~

a0106419_0151270.jpg

戻ってきたD。かわいい。

a0106419_0155437.jpg

6時の鐘をつく人。
わたしも2回つかせてもらい、緊張。エヘヘ。

a0106419_0162661.jpg

さて、散歩して鐘をついて戻ってきたら、なんとなんとおかあさん、いなり寿司たっぷりの
晩ごはんも用意してくださって(嬉泪)
てっきりわたしは、柿の葉寿司をいただくのだと思っていました。
でも、柿の葉寿司は一日ねかせるとおいしいから! ということのようで、
いなり寿司以外にも、『キャト肉サラダ』 というayaちゃん家の人気オリジナル?メニューや
エンドウマメと海老の冷製の炊き物、きゅうりとタコの胡麻酢和え、茄子の即席漬け、
などなど、またまた全て手作りのおいしいお料理!
野菜は、おとうさんが畑でつくられた物がほとんど。
おかあさん、今日一日ずーっと台所でおいしいものを作っておられた。
、、、いや、これは前日以前からの大仕事だったにちがいありません。
デザートのスイカまでしっかりといただいて、なんて幸せ。

a0106419_0171627.jpg

押してから何時間たったでしょうか。。。
柿の葉寿司、出来上がりました! 外に持って行ってパチリ。
緑色が濃いほうが柿の葉、白いマッドな感じの方が朴の葉。
味見にいただいてみると、なんとも朴の葉の良い香りがして(ちょっとジャスミンっぽいような)
サバの味もおいしい。
おかあさん、とてもきれいに詰めておられたので、カクっとエッジの効いた
美しい仕上がり。

a0106419_0174484.jpg

こぉ~んなすてきに詰めてもらって(いなり寿司も入っている)、
もっと持って帰り、もっと持って帰り、と、ススメてくれるご家族一同なのでした。

そして。。。今日の日はこれで終わりではなくて。。。。
蛍を見に連れて行って下さったのです!!! (>_<)ホタル、ハジメテデスゥー!
暗い杉林にポワポワと浮かぶ儚い光を静かにじっと見つめる時間。
今思い出すと、夢、みたいだった。
初めて見た蛍、すっかり心を奪われてしまったのでした。
ここで面白かったのがおかあさん!
「これで蛍を捕まえたらいいわよっ♥」
と、手作りの装置を用意してくださっていて。。。
菜種の枝の乾いたのを何本も束ねて、花束みたいになったもの。それを2セット。
それを両手に掲げて、
「こうやって飛んでるところに振り回すの! そうしたら蛍がひっかかるのー!」
わたしたちがこれで蛍を捕まえまくって喜んでいるのを想像して、この装置を
おとうさんに作らせた(失礼!)のかな、、、そう考えるとほほえましくて面白くて
笑いが止まらなかったです。
静かに息をひそめて蛍を見守っていたので、そのイケドリ装置の出番は来ず、
「ああ~アレ、使わなかったわねぇ~」
と、帰りの車の中で残念そうだったおかあさん。
何から何まで、イケドリ装置まで! 笑 本当にありがとうございました。



わたしは郷土料理にとても興味があって、柿の葉寿司作りも
ずっと憧れていたことでした。
奈良県民でありながら、奈良の郷土料理を実際に作る機会はほとんどありません。
だから、ayaちゃんのお家のように、代々受け継がれてきた道具を使って、家族
みんなでこうやって作業をして、そのことが日常に普通にある、というのが
ものすごくすてきなことだなぁと思います。
魚の獲れない土地で、いかに魚介をおいしく長く食べることができるか、
葉っぱの抗菌作用で常温でも日持ちして、そして山の香りをお寿司に移す
という発想。
先人たちが考え 受け継がれてきた食文化には学ぶことがたくさんあります。
食を辿ると その土地土地の歴史や文化が見えてくる。
そういう探求は自分にとって最もわくわくすることで、そういうことに
関わっていきたいなぁ、と、改めて感じた一日でした。


朝から夜までの超ロングステイ、
ayaちゃんご一家の心のこもったあたたかいおもてなしに心から感謝いたします。
楽しい一日を本当にありがとうございました。

柿の葉寿司、3日目・4日目もおいしかったデスっ!!いなり寿司も最高でしたー!!
キャト肉サラダも作りましたー!!!
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-20 00:23 | ●習う | Comments(0)

駐車場とレッスンスタイルについてのお知らせ

a0106419_0391819.gif

6月19日より、Ikue's Food Studio駐車場が3台分になります。
1台は、教室の大きい窓の前のスペース。
こちらは、少し狭くなっておりますので、軽自動車専用です。
1台は、今までお使いいただいております岡本駐車場さんの 『2番』 の場所。
そして、このたび新たに岡本駐車場さんの 『20番』 も停めていただけるように
なりました。



a0106419_0495036.jpg

左側の手前、ピンクの軽自動車が停まっているところが 『2番』 です。
右フェンス側の手前が 『20番』 です。
20番はフェンスに平行に(=縦列駐車)停めてください。
また、地面に数本の区切りがされていますが、黄色い線を目印にしていただいて
それより奥(ピンクのバス側)には行かないようにお願いいたします。
まだ、作業が間に合っていないのですが、分かりやすく小さな看板を立てる
ようにいたします。(現在番号の表示はされています)



Ikue's Food Studioはおかげさまで今、7年目お迎えています。
7年の中で、お友達や職場のお仲間をご紹介くださったり、
生徒さんがご結婚されたり、ご出産されたりして
ご主人と一緒に参加して下さる方や、
ママになられてお友達を誘って来て下さる方もたくさん。
おいしいたのしいネットワークをどんどん繋げていただき、今では、2人組での
レッスンがとても多くなりました。
今までは、2台分と言えど1台分は軽自動車専用で、なおかつとても停めにくい
ものでしたので、生徒さんにはご不便をおかけしていました。
それでもみなさん、あたたかくご協力くださって、お家が遠い方同士でも
乗り合わせてくださったり、ご自宅で待ち合わせて合流して1台で来て下さったり、
停めにくいところにハミ出しながらも停めてくださったり。。。
本当に頭が下がる思いです。
ありがとうざいます。
これですこしは便利になるかと思いますので、どうぞご利用ください。



そして、駐車場が増えたことで、ひとつ提案させてください。
今までも、生徒さんの方からもご提案いただいていたのですが、
お一人様でのご参加の方で、ご希望・ご了承いただける場合のみ、
お知り合いでない方同士2名様でのレッスンをさせていただきたいと思います。

お稽古事をやっていて、生徒さん同士の交流を楽しみにされている方も
たくさんいらっしゃいます。
また、イベントなどでお知り合いになられて、
「先生、もしよかったら〇〇さんと一緒の日に入れていただいてもいいですよ!」
と言ってくださるケースもありました。
IFSは個人レッスン制が魅力なのだから。。。と、かたくなに考えている部分もあって
このことはずっと保留にしながらも気になっていたのですが、
試験的に、このスタイルでさせてください。
とは言いましても、上に書いたとおり、ご希望・ご了承いただける場合のみ
ですので、
今までどおりのスタイルで、という方はもちろんそのままで。

一人でじっくりと、たくさんの作業量でスキルアップを目指す人、
お友達同士で楽しく相談したり時にはライバル視!(笑)しながら料理の時間を楽しむ人、
ちいさい赤ちゃんがいるけれど、おんぶしたり 作業を中断することになっても、
途中わたしに任せていただいてデモンストレーションのスタイルに変わったり!
いろんな生徒さんが来てくださっています。
そして、『お料理がすき』という共通点を持った方が、今後IFSで出会われ
お料理がより 楽しいものになったなら、それはとても嬉しいことです。

誰かにつくってあげたい、喜んでもらいたい、
そんな気持ちを大切にして、
ただ 「正しくつくる」 のではなく、「楽しくつくりおいしく食べる」
をモットーにした
お料理教室でありたいと思います。
一人一人のご希望やレベルに合わせたレッスン内容に
するために、少人数制で行いますので、
包丁を握ったことがないという初心者の方も、
本格的料理に挑戦したいとお考えの方も、
どうぞお気軽におこしください。


オープンの時に掲げたIFSの基本理念。
これはずっと変わりません。
お一人お一人に寄り添う内容、これがIFSの最大の魅力だと
僭越ながら そう考えています。


様々な方たちのニーズに合ったレッスンを、今後もやっていけるように
少しずつカタチを変えながら、ご意見をいただきながら、
より良くしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。





Ikue's Food Studio 和田 育枝

ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-17 00:35 | ●お知らせ | Comments(0)

midnight pancake

a0106419_0505762.jpg

春からこの初夏にかけて、わたしのまわりの人たちがHawaiiに行きまくって
いて、羨ましいかぎり。
おみやげ話を聞いたり写真を見せてもらったりして、気持ちだけ
南国に飛ばして妄想しています。
Hawaiiを満喫してきた友人が、お願いしていたホノルルクッキーカンパニー
のクッキー(ホワイトチョコ&ココナッツのフレイバー)をたくさん買って来て
くれました。
おいしい~
これを毎夜一枚ずつ、シゴト終わりにコーヒーと共にちびちびやるのが、
今の幸せタイムなのです。

Hawaii熱、上がったので久しぶりにパンケーキの生地を作りました。
余っていたので国産小麦(強力粉)と、全粒粉、ライ麦少し、
あと、材料は玉子と牛乳と塩とBPと砂糖少し。
IFSの以前のレシピです。
朝に食べようと、夜のうちに作って冷蔵庫に入れておいたのですが、
今朝、寝坊。
夜ごはんを食べてなかったので、夜な夜なじっくりと丸くきれいに焼きました。
もう、年頃的に生クリームもバターもあんまり欲しくなくて、
メイプルシロップと完熟のバナナと粉砂糖。
(甘いのはまだイケるんですー笑)
パンケーキって、すっごく簡単なので、家で作って気楽に食べるのがいいですよ。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-16 01:14 | Comments(0)

キウイジャムの使い道

a0106419_041799.jpg

今月のキウイジャム、こんな使い方、おいしいですよ。
プレーンヨーグルトの上にバナナの輪切り、そしてキウイジャムを
たっぷりと。
キウイって、炊いているとちょっとバナナのような匂いが
するんですよね。(生徒さんも言っておられた)
遠くの方に共通点があるような。。。

今日の朝ごはんはこれとパン焼き人はたなかみきおの食パン、
グレープフルーツ、コーヒー でした。
なんだか、暑くって、朝はフルーツばかり食べたいです。
パンはこんなにもいらなかったー。





a0106419_125481.jpg

■キウイジャムをお持ち帰り用に、6月のオリジナルメニューを受講される
みなさんは小さい瓶、お持ちくださいね!
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-14 01:04 | ●Ikue's Breakfast | Comments(0)

吉野町 喜佐谷へ ~あれが、宮滝だったのかなぁ・・・~

       山を駆け回る猿のような、人。
a0106419_128431.jpg

先日、半分お仕事、半分プライベートのような内容で
吉野町へ行きました。
世界遺産である金峰山寺 蔵王堂の近くに車を停めて、そこから
吉野町の喜佐谷という集落まで歩きます。
これが、だいたい8㌔くらいのハイキングでーす という風に聞いていたので
カジュアルないでたちで挑んだのですが。。。
すっごい、本気(マジ)の、ゴリゴリの! 山歩きだったのでびっくり!!笑
『万葉の道』 と呼ばれるその道は、遠い昔にタイムスリップしたかのような、
手つかずの自然の中を通らせてもらいますーという感じでした。
体力はある方だと思うのですが、ゼーゼーと、息は乱れ、
汗が吹き出し、そして、一度コケて。
久しぶりに 無理かも! と思うくらいの運動をして、長い山道を抜けて喜佐谷の
集落が見えた時は爽快な気持ちになったのでした。

喜佐谷はすばらしい所で、無農薬で野菜作りをしておられる方がいて
そこを見学させてもらったり少し作業をさせてもらったり。
4㌔もあるというキャベツや、モシャモシャと勢いよく茂ったグリーンリーフ、
ウスイエンドウマメ、玉ねぎなどなど、いろいろいただいてしましました。
近くにある桜木神社の趣もすばらしく、木陰に腰掛けてそこに居るだけで
気持ちがクリアになるような、そんな空気に包まれています。
目の前にあるのは、岩の間を流れる小川と、青いもみじがさわさわと揺れる
立派な大木。

わたしは、地元 奈良県のことが大好きなのですが、北の方ばっかりに
遊びに行って
あまり南の方へは行くことはなく、蔵王堂が世界遺産であることも知りませんでした。
この日、道中で 柿の葉寿司を買って食べたり、手漉きの吉野和紙のお店
話を聞いて和紙を買ったり、TSUJIMURAさんという葛菓子のお店で
葛切りをいただいたり(美味しい!)、
サクラ花壇という歴史ある旅館の方に道を教えてもらったり、
いろんな奈良の良さに触れて、あまり知らなかった吉野のことに
すごく興味が湧きました。
そうそう、わたしって歴史とか結構すきだったよね~ と思い出しました。

遠くにばっかり興味が行きがちですが、近くにあって尊いものやすてきなもの、
もっとそういうものを深く知っていきたいなぁと思った一日でした。



a0106419_2153349.jpg

a0106419_216919.jpg

a0106419_2162873.jpg

a0106419_217190.jpg

[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-10 00:11 | ●奈良のすてきなお店 | Comments(0)

よもぎ餅とうぐいす餅

a0106419_16341469.jpg

久しぶりにレッスンしました。お餅2種。
うぐいす餅って本来は春に食べるものだとは分かっているのですが
このメニューを作った時、6月の雰囲気にこのみどりのグラデーション
(写真では分かりにくいですが、うぐいす餅はほんのりと黄緑色です)が
合うなぁーと思って、この組み合わせにしたのです。
よもぎ餅には赤こしあんを、うぐいす餅には白こしあんを包んで。
よもぎの方はしっかりとこしのある生地で、
うぐいすは柔らかい求肥の生地です。

真剣に、心静かに、生徒さんと作り上げました!
和菓子もいいなぁ。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2013-06-07 16:41 | ●教室レッスン風景 | Comments(0)