<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お味噌の会2016 ありがとうございました。

a0106419_12485994.jpg

本日は晴れの日曜日。
やっと、先日行いました『Ikue's Food Studioお味噌の会2016』について
ゆっくりと振り返る時間ができ、今、パソコンの前に座っています。
そして、この写真を見て、たのしかったなぁと、思わず笑みがこぼれています。

お味噌の会は2月13日、15日、16日と初めての3日間の開催でした。
あらためまして、ご参加いただきましたみなさま、
本当にありがとうございました。

大和高田市から生駒市に引っ越しまして、ひと月半の休憩をいただき
新たにスタートするそのはじめの一歩が、このお味噌の会。
今までの生徒さんは遠くなったけれど来てくれる方がおられるのか・・・
新たにご新規の方には果たしてご希望いただけるのか・・・
自分自身も慣れない場所でのレッスン、うまく進行していけるのか・・・
心の中では不安でした。
駐車場の件や、駅からのご案内の地図作りなど、主人にもたくさん相談して
手伝ってもらって、心配もかけて、この日を迎えました。

最寄り駅から教室までの道のりは距離は近いのですが、くねくねとした細い路地で、
すこし分かりにくく、
事前にお渡しした地図を片手に重たい荷物を持ってたどり着いてくださった
生徒さんの 「せんせー!おひさしぶりー!着きましたぁ!」
の笑顔に会えたときは涙が出そうでした。
お車の方も、緊張感のある細い道路を無事に通り抜けて来てくださり、
こんなところまで来てくださって、ただただ感謝の気持ちで始まる前から
胸がいっぱいになるのでした。

ご新規の方もたくさんご参加くださったのですが、いつもインスタグラムや
このブログを見てくださっている方ばかりで、
初めてお会いするのに、いろんな話題がどんどんあふれて来て。
お味噌を真剣に仕込みながらも、みなさんで和気あいあいと楽しく会話が
ひろがるのでした。

お味噌づくり、わたしももう5年くらいやっているのでしょうか。
一応、こうやって作る、何を何グラム入れる、という決まっている部分も
もちろんあって、そこは重要なのですが、
選んだ豆や茹で加減、潰し加減、水分の加減、塩の味、麹の質、仕込んだ環境、
熟成中の環境、作った人の手の加減、
そういう様々な要因が積み重なって出来上がるお味噌なので、
毎年同じように作っていても、少しづつ違った良さのお味噌ができあがります。
なので、お気に入りの材料をそろえたら難しいことはあまり考えずに
(基本はしっかり守りますが)
楽しく みんなで作るということが、、一番のテーマであり楽しみになっています。
ですので、今年初めて習ってくださった方も、また来年、その次の年、と、
気の合う仲間と集まってたのしいお味噌づくりをしていただけたら嬉しいなと
思うのです。

仕込みの後はご飯タイム。
しっかりとパワーを使うお味噌づくりですからお腹がすっごく空くのです。
腹ペコのみなさんにたくさん食べていただきたくて、たくさん作りましたよ~。
1日目と2日目はわたしがお昼ご飯をご用意しました。
お味噌や麹、豆をたくさん使って、そして地元奈良県産の食材をふんだんに使った
献立を。

a0106419_1259175.jpg

おしながき
『豆おにぎりと塩むすび』
『大和ポークの一口カツと蓮根カツ 味噌だれ』
『出汁巻き玉子』
『大根の煮物』
『紅白なます』
『菜の花とじゃがいもの洋風和え』
『春菊の柚子酢味噌和え』
『奈良産野菜のグリーンサラダ 玉ねぎドレッシング』
『具沢山粕汁 春鹿の酒粕で』

『デザート』
・人参のスコーン 大豆バターサンド
・豆腐白玉と小豆

みなさんそれぞれに大きなお皿に盛り付けていただきました。
実は去年と同じような内容なのですが、直売所に並ぶ活き活きとした野菜と、
義理のお母さんが育ててくれた野菜を見て決めた献立です。

そして3日目は、だいどころ飛鳥さんがとってもとっても素敵なお弁当をご用意
くださいました。
a0106419_12493364.jpg

2年ぶりの飛鳥さんのおにぎり弁当・・・。
今回、生駒に移転してきたから、飛鳥さんともまたこんな風に交流ができ、
そのことが本当にありがたくうれしいです。
もうすぐ来る楽しみな季節がここにすべて詰まっているような、春のお弁当。
素朴な控えめな色合いの中に、桜やぬか漬けの薄紅色がかわいらしくて。
おおきなやわらかい出汁巻きや、胡麻をまとったシシャモなど、定番のおかずも
やっぱりとてもおいしい。。
そして、おにぎり。 唯一無二の飛鳥さんのおにぎり。
余計なものなんて何も使っていないんだな ということを感じる洗練された味付けに
勉強になり刺激をいただきました。


こうして、今年も無事に恒例行事ができました。

一生懸命愛情をこめて仕込んだみなさんのお味噌が、おいしく育ちますように。
梅雨が明けたら「お味噌をチェックしてみましょう!」と
こちらでも呼びかけいたします。
それまで涼しい場所に置いて見守っていてあげてくださいね。


決めたことを変わらずに長く続けることは、簡単な様で難しい。。
そのことを強く感じた2016年のお味噌の会。
ご参加くださった皆様はもちろん、心配したり応援してくださったたくさんの
方々のおかげでこうしてできているのだと、また改めて知ることになりました。
今後とも、Ikue's Food Studio をどうぞよろしくお願いいたします。


今年も、本当にありがとうございました!




遅くなりましたが、お味噌の会のごはんでご好評いただいたお料理の
簡単なレシピの一部を載せますので、よかったら作ってみてくださいね。


『豆おにぎり』
普通に白米を炊く水加減で大豆のゆで汁で炊飯。
味付けは、塩(米1合に対して小さじ1/3)、薄口醤油 少し、酒 少し。
柔らかく茹でた大豆と油揚げを適量加えて炊く。

※大豆のゆで汁が煮詰まってドロリと濃い場合は水で割って使ってくださいね。


『味噌カツの味噌だれ』
これ、名古屋の「つけてみそかけてみそ」みたいなのを目指して目分量で
適当に作ったのですが・・・
小鍋に、砂糖、みりん、酒、醤油(少し)を入れて一回煮切る。
すり鉢で白ごまを擦り、手作りの味噌と八丁味噌(2:1くらいの割合で)
を入れて滑らかにすり、煮切った調味料で伸ばしていく。
とんかつソース、はちみつも加える。
鍋に移し、よく混ぜながら煮て、だし汁で濃度を調整する。
味見して、砂糖、醤油、酢、ごま油で味を調え、、仕上げにローストして細かく砕いた
クルミを入れる。

※塩麹で一晩漬けた大和ポークのもも肉の一口カツと、蓮根のカツに付けました。
すりごまやクルミをたっぷり入れるとおいしいです。


『菜の花とジャガイモの洋風辛子和え』
(にんにく(すりおろす)少々、和辛子 小さじ1/3、米酢 小さじ1弱、マヨネーズ 大さじ1・1/2、砂糖 小さじ1/4 ) これをよく混ぜてソースを作る。
茹でた菜の花、粉吹きにして潰した新じゃが、茹で卵、生ハム と和え、塩・こしょう、酢で調える。

※教室のレッスンでも人気だった春のメニューです。
ジャガイモは潰したり潰さなかったり、お好みで。
菜の花以外にも、芹、ブロッコリー、アスパラ、春キャベツなんかでもよく作ります。
生ハムと春の青い野菜、合います。


『春菊の柚子酢味噌和え』
白ゴマ 小さじ2 を擂り鉢ですり、(味噌 大さじ1、砂糖 大さじ1強、米酢 小さじ2、和辛子 少々、柚子の皮のみじん切り 少々)を順番に加えて滑らかにする。
これが和え衣。
大体、青菜、100グラムを味付けするのに必要な分量です。

※春菊以外も、小松菜、ホウレンソウ、青梗菜などにも。
いつもみんなに褒められるレシピです。


『グリーンサラダに使った玉ねぎドレッシング』
(玉ねぎ※できれば新玉(すりおろす)1/4個、和辛子 小さじ1/3、塩 小さじ1、砂糖 小さじ2、米酢 大さじ3、太白胡麻油 50cc、サラダ油 50cc、こしょう 適量)
全て合わせてフードプロセッサーでよく混ぜ、しっかりと乳化させる。
塩・こしょうで調える。

※これはわたしも冷蔵庫に必ず常備しているドレッシングです。
ポテトサラダの下味にも使ったり、癖がなく、飽きない味です。
春には新玉ねぎで作ってください、やさしい味です。
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2016-02-21 12:21 | ★イベント | Comments(0)

ご予約についての補足

ご予約について、昨日の内容で分かりづらい点があり、何件かお問い合わせを
いただきましたので、補足させてください。



◆レッスンは基本的に4名様で行いますが、もちろんお一人やお二人、
三名様でのご参加も大丈夫です。
ほかの方とご一緒のレッスンになりますので、その場の出会いも楽しんでいただけたらと
思います。


◆お子さまのご同伴は、基本的にはご遠慮いただいております。


◆メニューは、基本的にはその月のオリジナルメニューかベーシックメニューから
お選びください。
ベーシックメニューは14種類あり通年ご受講可能です。
オリジナルメニューの過去メニューを受講希望の方はご相談ください。
季節があっていれば一部食材の変更などはありますが、対応させていただきます。
お申し込みの際にメニューをご記入ください。


◆ケーキやパンのメニューは設備の都合上2名様までしかできないものもあります
のでお問い合わせください。


◆駐車場は2台分ご用意しておりますが、教室付近の道が狭い箇所があります。
普通車も往来している道幅ではありますが、慣れない方にはびっくりされます。
大きなお車にお乗りの方は近隣のパーキングに駐車されるのをお勧めいたします。
申し訳ございませんがその際の駐車料金はお客さまのご負担になります。


◆持ち物は、エプロン・手をふくタオル・筆記用具・ご受講料です。
メニューによっては残りをお持ち帰りいただける場合もありますので、タッパー
などの入れ物をお持ちいただくと便利です。




以上、ご質問をいただいたことについて記しました。
何分不慣れで分かりづらいところがあり申し訳ないですが、
どうぞよろしくお願いいたします。
他にご不明なことがありましたら、ご相談ください。
尚、ご予約は17日の10時スタートです。
もうご予約のメールをくださっている方もおられますが、17日以降でお願いいたします。



Ikue's Food Studio 江口 育枝




3月のオリジナルメニュー詳細と日程についてはこのひとつ下の記事になります
↓ ↓


[PR]
by ikuesfoodstudio | 2016-02-10 00:38 | ●お知らせ | Comments(0)

3月のオリジナルメニューとレッスン日程

2016年の3月のメニューが出来ました!    

暖冬といわれている今年の冬ですが、2月に入って朝に霜が降りたり、
ちらちらと雪が舞う日があったり、ゆっくりと季節は進んでいます。
そして、冷たい空気の中に、もうすぐ芽吹く生命のにおいが確実に漂っています。
12月をもってお休みをいただいていたIkue's Food Studioも、3月からまた
新しい場所でスタートさせていただきます。
芽吹き、つぼみが膨らみ、やがて咲き誇るさくらの季節に教室の再開が重なったこと
が、なんだかとてもうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

3月のテーマは 『お花見に』
お花見に持って行きたくなるような、冷めてもおいしい春メニューを中心に
献立を考えました。
もちろん出来立ての熱々のお料理はとってもおいしいけれど、丁寧に箱に詰めて
春の日和にお出かけしていただくお弁当は、また格別。
春になるとお花見やピクニックに行きたくてウズウズします。
レッスンではお弁当箱には詰めませんが、おもてなしにも活躍するメニューと
なっておりますので、お雛祭りや春の節目のお祝いなどいろんな場面に
お使いいただけたらうれしいです。





お料理メニュー5種


a0106419_19264019.jpg

●「お花見のいなりずし」
目に入った瞬間に わぁ♡と幸せになるようないなりずしにしたいなぁと思いました。
春の野山をイメージして。
じんわりと丁寧に味付けしたお揚げにシンプルな酢飯を詰めるところまでは
きちんと基本のいなりずしを。
菜の花のお浸しや豆の甘煮などを添えて絵を描くように春を表現しましょう。
いろいろなアレンジも楽しめますね。




a0106419_15151926.jpg

●「春キャベツと新玉ねぎのメンチカツ」
お肉屋さんで売られているような、冷めてもおいしいしっかり味の
メンチカツです。
旬の春キャベツと新玉ねぎで甘みと触感をプラス。
メンチカツのような 揚げるときに汁が出やすい揚げ物は、衣に少し
ポイントがあります。
カリカリっとしっかりとした衣にして爆発を防ぎ時間が経っても水分が回りにくく
仕上げます。




a0106419_19301163.jpg

●「玉子豆腐のおすまし」
いなりずしやメンチカツと一緒にいただくならば、それはもうすっきりとした
お椀物が良いと思います。
おいしいお出汁を取って、上品に味付けを。
小梅の清涼感が春らしくて気に入っています。




a0106419_19333410.jpg

●「春のグリーンサラダ 豆腐のクリームドレッシングで」
みどりの野菜が美味しい季節なので、たくさん食べて欲しくてこのメニューに。
生の野菜、茹でた野菜、蒸した野菜、それぞれにあう下処理をします。
ほろ苦い春の野菜にぴったりなソースは、豆腐を使ったまったりとクリーミーな
ドレッシングです。
他、淡白な鶏肉や海老や茹で玉子にも合うかなと思います。
お弁当だったらソースを別に持って行くのがいいですね。




a0106419_19464950.jpg

●「さくらcake」
さくらの葉と酒粕を使った春らしいケーキです。
さくらと苺はとても相性が良いので、手作りのコンフィチュールと苺のマリネを添えて。
もしもわたしがカフェをするんだったら、3月にはこんなケーキをお出しするなぁ~
と思って出来上がったレシピです。
※あらかじめ焼いてご用意しています。レシピはお渡ししてきちんと説明いたします。








               以上5品 ¥5500(材料費込み)                        ※ここに一品季節の炊き物が付きます








※3月分のご予約の受け付けは2月17日(水)のAM10:00~の開始となります。



3月の営業日は
3(木) 11:00   14:30

4(金) 11:00   14:30

6(日) 11:00
  
9(水) 11:00  14:30

10(木) 11:00  14:30

14(月) 11:00  14:30

17(木) 11:00  14:30

18(金) 11:00  14:30

23(水) 11:00  14:30

24(木) 11:00  14:30

26(土) 11:00

28(月) 11:00  14:30

31(木) 11:00

となります。
よろしくお願いいたします。


※ご予約は基本的にはメールで承ります。
✉ ikuesfoodstudio@ezweb.ne.jp
先日のお味噌の会の受付の時のメールアドレスから変更しております。お手数をおかけして申し訳ないですが新しいアドレスに登録のご変更をお願いいたします。



以下をご記入の上、『レッスンの申し込み』の
件名を付けて送ってください。

①お名前(漢字でフルネイム)
②繋がりやすいお電話番号
③ご住所(初めての方のみ)
④ご希望日(第一希望と第二希望)・ご希望人数



※必ず教室の概要をご一読・ご了承の上お申し込みください コチラ→☆



新しいやり方で模索している段階ですので、今後より良い方法が見つかればまた
変更して改善していきたいと思います。
分かりにくい点があるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


ご予約お待ちしております。
Ikue's Food Studio

[PR]
by ikuesfoodstudio | 2016-02-08 23:54 | ★オリジナルメニュー | Comments(0)

お弁当ワイフ

a0106419_2355432.jpg

新しいパソコンに買い替えてから、苦手だったパソコン作業が
さらにちんぷんかんぷんになりました(笑)
マシンが賢すぎて使っている人が追い付いていません。
どんどん進化するこの世界ですが、ずっと変わらないものがあっても良いと
思うんですよねー
アップグレードとか希望していないのに勝手にできて行って、怖いです。
ずっと変わらない、そして20年くらい使えるパソコンが欲しいです。

さて、3月から教室の通常レッスンを再開させていただきます、
とだけご案内しておいて
ご予約はどうなるのかなどの詳細をまだはっきりとご案内できずで申し訳ありません。
お問い合わせをいただいた方もいらして、準備が遅くて大変恐縮ですが、
2月中旬までには、こちらのブログでご案内いたしますので、
もう少しお待ちいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

結婚してお弁当作りがスタートしてから、毎日インスタグラムに
写真を載せさせていただいています。
苦手だった早起きも、もう普通になりました。
無駄な夜更かしもしなくなりました(笑)
お弁当は普段のごはん作りとはまた違うので、段取りや味付け、盛り付け方、
かけられる材料費や時間などなど、また今後のレッスンでも活かしていけたらな、と
思います。
お弁当ワイフ、がんばります!071.gif
[PR]
by ikuesfoodstudio | 2016-02-01 00:11 | ●お知らせ | Comments(2)