新年のご挨拶とお味噌作りのお知らせ

※お味噌作りは満席となり受付終了いたしました。
ありがとうございました。
a0106419_23212848.jpg



みなさま新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

三が日も過ぎ、年末に出来なかった台所や水回りの大掃除の続きをやっと片づけて
スッキリしました。
これで気持ちも新たにまたお料理を頑張れます。
さて、
今年はどんな風に生きていこうかと、今日落ち着いて考えていたのですが
今年はわたくし「やさしさ」を大事にしてゆきたいと思います。
昨年は工事のトラブルなど、大切なものを守るために話し合いなどで
負けないように騙されないように(笑)と、常に相手を警戒していたなと
振り返れば思います。
それが癖のように身についてしまって、関係のない人にまで
やさしさを忘れてしまっていたような。
もっと柔らかなやさしいわたしだったはずではないか、なんて思いまして。
2019年は 笑顔で優しい気持ちで歩いて行けるように、心穏やかに。

お節料理を今年も作りました。
作りながら、詰めながら、どんどん心が整って行くようで、
お腹を満たす為に食べるだけではない、日本伝統の行事食の意味や良さを
年々深く感じてます。




a0106419_16440914.jpg

さて、お正月が過ぎたら恒例のお味噌作り!
日程はいつでしょうかとご質問も沢山いただいていまして、
慌ててご案内させていただきます。

日本の伝統的な発酵保存食品はたくさんありますが、その中でも特に
手作りし甲斐があるなぁと、個人的には感じているお味噌。
大豆、塩、麹、この3つの素材だけであんなにも複雑なものが出来上がるなんて
本当におもしろくて素晴しいなと、毎年感動してしまいます。
みなさん各自ご自宅にて大豆を茹でて潰して来ていただき、
教室では、そこに塩・麹と合わせて行き、樽に詰めていきます。
シンプルな材料で構成されるお味噌ですから、材料選びが大切だと思います。
お気に入りの大豆と塩をご用意いただき、
こちらでは京都亀岡市の麹屋さんからとびきりおいしい麹をご用意させて
いただきます。
一人で取り組むと、難しいのかな?正解が分からないなぁ、と
思いがちな発酵食品作りですが、
みなさんで一緒に仕込むと楽しくて心強い。
わたし自身も 今では季節の恒例行事として楽しみなものになりました。
一から丁寧に説明させていただきますので、どうぞご心配なく。
一度習ってくださった方たちが、今ではお友達に教えてあげたりされて
お味噌作りの輪はどんどん広がっています。
難しく考えず、確かな素材をそろえて、あとは自然の力に任せて楽しく作れば
それでよいのだなと 分かってきました。


お味噌作りを頑張ったあとは、とってもお腹が空きますので
みんなでいただくお昼ご飯が毎回の楽しみです。
今年は、生駒で定期的におにぎり工房をされている『だいどころ飛鳥』さんが
特別にお弁当をご用意くださることになりました。
この生駒に移転してきてからは特にお世話になっている飛鳥さん。
わたしにとってはお姉さんのような存在で
会うたびに人としてもお料理の仕事の面でも刺激を受け勉強させてもらっています。
お料理からそのお人柄が滲み出ていて、飛鳥さんのおにぎり弁当は
何度いただいても特別な気持ちになるのです。。
唯一無二なこのお弁当を みなさんにご紹介できてうれしいです。

例年の如く、わたしはあったかい粕汁とデザートをお作りいたします。
疲れた体に沁みるようなお菓子にしますね。

お腹も心も満たされる、そんなあたたかな一日になりますように。




『お味噌作り 2019』


< 参加費 >
¥6500
(麹2㌔ ・ 麹の送料 ・ お弁当・粕汁・デザート ・デザートのレシピ 込み)


< 日程・定員 >
2月8日(金)  
2月9日(土)     

各日 9名様
11時よりスタート、終了は2時半頃を予定しています

 



< お申込み受付 >
1月7日(月) AM10:00よりメールにて開始いたします

ikuesfoodstudio@ezweb.ne.jp 宛に以下をご記入の上、『お味噌作り申し込み』の
件名を付けて送ってください。

①お名前(フルネーム・漢字)

②繋がりやすいお電話番号・ご住所
③ご希望日・ご希望人数


※お味噌を作るにあたって、自費にて 大豆1㌔・塩500g  をご用意していただきます。
  その大豆をお家で茹でて潰して来ていただきますので、
ご了承の上お申し込みください。
  (下ごしらえとご用意の手順詳細は、ご参加いただく方に追ってメールでご連絡いたします)

※ご用意する麹は生きているので返品が出来ません。
 ご都合によりキャンセルされる場合はなるべく早くお知らせください。
万が一前日以降でキャンセルされた場合は 麹をお買取りいただいておりますのでご了承ください。
(その際は作り方の手順もお付けいたします)


※仕込み用の桶など何らかの容器(容量5リットル~)が必要です。
 昨年ご参加の方やお家にある方はご持参ください。
ポリエチレン、琺瑯、ガラス、陶器 など何でも大丈夫ですが、お帰りの際にかなり重たく
なりますので、軽いものをおすすめしています。
 必要な方はご用意いたしますのでご予約の際にお申し付けください(別途¥400・ポリエチレン製)
(まとめての事前注文ですので後からご希望いただいてもご用意できません、ご了承ください)








それでは、よろしくお願いいたします。
ご予約お待ちしております。

Ikue's Food Studio









by ikuesfoodstudio | 2019-01-06 00:20 | ●お知らせ | Comments(0)


2019年1月のレッスン日程 >>